「善魔」1951年 日本

サスペンス


1951年
監督:木下惠介
出演:三國連太郎、森雅之、桂木洋子、淡島千景、笠智衆

新聞記者の三國連太郎は、政治家の妻・淡島千景が失踪した事件を取材するよう、上司の森雅之から命じられる。
取材で淡島千景の妹・桂木洋子に出会い、ふたりは恋に落ちるが…

「三國連太郎は立派です」のセリフを言うための映画

三國連太郎のデビュー作。
この映画での役名がそのまま芸名になったんですね。三國連太郎は三國連太郎の役です。
既に怪しげで危険そうな香りがプンプンしてます。美形だし声もいいしガタイもいいしで言うことない。が、力んでいたのか早口すぎて、セリフがよく聴き取れないところも多かった。

さて。
善魔とは、劇中の森雅之の言葉を借りると「悪に立ち向かうためには魔性を持った善が必要である」ということ…で、これだけではなんのことやらよくわかりません。

失踪した淡島千景と森雅之は元々友人関係で、しかも森雅之の片想いだった。そんなモリマは今どうしてるのかというと、舞台女優やってる小林トシ子と付き合っている。この二人のシーンは終盤を覗いてモリマが完全リラックスムードで、セリフのやりとりもすごく自然に近くてホッとする。まあこの二人も腐れ縁で一緒にいるようなもんで、今回の事件で淡島さんを思い出しちゃったモリマは小林トシ子を簡単にポイしちゃういつものモリマなわけですが。小林トシ子可哀想…
そうそう、この映画は「こんな言葉普段使うかよ」っていう難しいセリフ回しが多くて、あんまり頭に入ってこないんですよ。なので正直言って、これ面白いのかっていうと微妙なんだよなあ。小林トシ子にしか感情移入できないしなあ。

三國連太郎は純粋というより潔癖っぽく見えてしまった。
死んでしまった恋人とその場で結婚式を挙げるってのはどうなの?しかも家族がいる前でよ?笠智衆もちょっととまどってるぞ。

頑なに結婚式結婚式言ってるその姿と、ラストでモリマと淡島千景を批判しまくるその姿はまさに狂気の沙汰。モリマもいきなり「帰れ」とか言われて意味わからんかったろうに。「ぇえ…」みたいな空気が漂ってて笑ってしまった。

己の正義を振りかざして独善的になり、他人の気持ちは考えず、自分と違う人のことは軽蔑し平気で避難する。
この映画で言う善魔っていうのはラストの連太郎のこの姿のことなのかな、と最終的にはそう思ったんだけどどうでしょうな。なんにしても難しかった。

その末に「三國連太郎は立派です」のセリフが出るわけだけども、立派っていうか…ねぇ。確かにデビュー作でこの役を勤め上げた連太郎は立派ですよ。上手い下手の問題ではなく、この人これから凄いことになってくだろうなっていうオーラを放ってるよね。

ところでモリマのアップがムダに多く感じるのは気のせいですか?これでもか!っつーくらい美貌が際立って際立ってもうこれ何ですか?ファンサービスですか?
駅のホームに佇むシーンとか、あんなに長々と撮る必要あったんですかねぇ。とか言いつつここも超絶渋くて眼福でした。
これ、話はそんなに好きじゃないけどモリマの美貌を拝むためにちょいちょい見返してしまう。

そしてなんつっても桂木洋子!ほんと可愛くてお人形さんみたい。
あの顔であのきれいな言葉遣い。そりゃ惚れるわ。

家を出て行く小林トシ子にモリマが言い放った「そうやって出て行くの?」はえらいリアルでゾクッとした。結局淡島さんとはくっつかなかったし、モリマはしれっと小林トシ子の元に戻るんだろうなあ。