「上海の伯爵夫人」2005年 英米独中合作





2005年
監督:ジェームズ・アイヴォリー
出演:レイフ・ファインズ、ナターシャ・リチャードソン、真田広之 他

1930年代の上海。祖国のロシアを追われて上海に亡命したソフィアは、すでに居ない夫の親族と娘と共に暮らしていた。家計を支えるためにホステスとして働いていたが、そこでジャクソンという盲目の元外交官と出会う。

アジア人俳優さんが脚本に恵まれると嬉しくなる

ジェームズ・アイヴォリーの作品って静かで淡々としてるイメージが強くて、でも情熱があって私はどれも好きなんですが、これも例に漏れず。
映像が美しいのもこの人の特徴でもあるんですが、やっぱりこれも例に漏れず。
CGとかで作りこまれた綺麗さじゃなくって、昔の絵画的な美しさがある。
舞台は戦前の上海ですが1場面1場面、絵画を観ているような感覚でした。

雰囲気は『日の名残り』に良く似ているなあと。まあ原作者が同じだしね。
私は『日の名残り』がかなり好きなので、比べちゃいかんのですが似てる分ついつい比べてしまって。

「日の名残り」は、お互いの秘めた気持ちが凄く強くて情熱的でもの凄いピリピリした空気を感じたけど、これはそこまでではなかったかなあ…主役二人にそこまでの気持ちの強さを感じなかったというか。
いやでも、大人のラブストーリーはやっぱり良い。若い人みたいに自分の気持ちを前面に押し出せないところが切なくて良いよねー。仕事上だけの関係から全く進展しないのがもどかしい。

ロシアの没落貴族で上海に亡命してきたソフィア。
貧しいくせに貴族根性が抜けないというかみんな働きもせず、結局嫁であるソフィアが水商売して家計を支えている。
そんでもって『水商売なんかしやがって』とか罵られてたりする。文句言うくらいならおまえらも働けよ!と。
家族の中に男性がほとんどいないので、亡命前に捕まったか処刑されたかのどちらかでしょう。

ソフィアは仕事場でレイフ演ずる元外交官で盲目のジャクソンという男性と出会う。
このジャクソンがとても紳士的なんだけど、盲目だからですが歩いてて植木に突っ込んだり階段をぴょんっと降りたり見ていて危なっかしかったりと可愛かったりするところもあって、なにかと世話を焼きたくなるタイプで。

主役二人の色付け的な位置に立つのが謎の日本人・マツダ。真田さーーーん!!
これがまた見るからに怪しい日本人て感じですが、ジャクソンは盲目ですから。特に何も疑う事なく楽しくお喋りして仲良くなります。
マツダ怖いよ。楽しそうに色々喋ってても目が笑ってないよ。

本当は、日中戦争を引き起こす役割の・・・外交・・・官・・・?なの?
ちょっと何の仕事してんのかわかんなかったんだけど、とにかくそうゆう仕事の人なんだ。
物語終盤には日本軍が侵攻してきて、結局マツダはジャクソンに希望と絶望と、両方を与えてしまう事になります。

だけどやっぱり気がかりで、人々が逃げてごった返しの中会いに来て、一人落胆しているジャクソンに『伯爵夫人を見た。今ならまだ間に合う』と、ジャクソンの背中を押す。

決してハッピーエンドというわけではなかったですが、最後に二人・・・じゃなく、娘(この子むちゃくちゃ可愛かったね!)も一緒に3人揃えた事が唯一の救いだったんじゃなかろうか。

真田さんは全編英語の台詞でお見事です。真田さんの英語は丁寧で上品な英語だなあと思う。
レイフがアドリブ仕掛けてくるので大変だったそうですがw
ただ、一度だけ『(車を)止めろ。止めろ!』と日本語を発する場面があって、なんだかこの一言にときめいちゃったよ。

アジアの、それもアクション畑から出てきてる俳優さんてのは、ハリウッドに行ってもなかなかアクションから抜け出すことができないっつーか良い本に恵まれないっつーか、そうゆう印象があって(ユンファもいつだかこんなこと言ってたような気がする)、観てる側としてもちょっともどかしい気持ちになったりするんですが。

真田さんも「謎の日本人・○○」とか多いでしょ。
もう謎の日本人じゃなくて普通の日本人の役ください…

と、思うことが多いもんですから。
真田さんがこうゆう文芸作に出演してそつなくこなしてるとことか見るとね。ちょっと嬉しくなるんです。

伯爵夫人を演じた女優さんは、後にスキー事故で亡くなってしまったとのこと。
美人さんで雰囲気のある人だったので惜しいなあ…