「白痴」1951年 日本

サスペンス
1951年
監督:黒澤明
出演:原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子 他

萌え袖天使な森雅之を、原節子と久我美子と三船敏郎で取り合う話。

役者の眼力とテンションで2時間半乗り切れるすごい映画

上のあらすじは嘘です。ごめんなさい。いやでも、あながち間違ってないとも思う。
というか、これどんな話?って聞かれても非常に困ります。

原作はドストエフスキーの「白痴」
舞台はロシアですが、この映画では北海道になってます。

人違いで戦犯として死刑になりかけた過去を持つ森雅之は、そのショックで癲癇性の白痴となってしまう。
しばらく沖縄の病院で療養していたんだけどだいぶ良くなってきたからってことで、親戚を頼って北海道に向かう途中の連絡船で三船敏郎と出会います。
船を降りた先で飾られていた原節子の写真を見て一目惚れするんだけど、実は三船も原節子のことが好きなわけです。

で、実際にモリマも原節様と出会い、途中から久我ちゃんも参戦してきてモリマはどっち選べばいいのかわからない。そして終始蚊帳の外で「俺は?」状態の三船。
最後は三船が原節様を殺して、モリマと二人で発狂する…っていう話なんです。

松竹の意向で、4時間26分ある作品を2時間46分まで削らざるを得なかったという不運。
冒頭から長々と字幕の説明が入ったり、これだけ時間削ってるんで当然シーンもツギハギ状態で、元の話がわからないのにいきなりダイジェスト版を見せられているような感じ。まあ原作読んで補完しろよと言われたらそれまでですが、しかしあれって長いじゃない…ちなみに私は原作読んでません。
登場人物の心情(特に原節様)も非常にわかりにくいし、公開当時不評だったのは大いにうなずける。

しかし私の中では、黒澤映画ではこれが裏のナンバーワンだったりします。ちなみに表向きのナンバーワンは「野良犬」です。野良犬の三船はビジュアル最強だからね。

「白痴」の初見は、旧作に興味を持ち始めた中学生の頃。三船目当てで。ちなみにモリマを初めて観たのもコレでした。
なんだかよくわかんないけどなんか凄い、原節子怖い、白痴の人可愛い、みたいな感想だった。
で、なんだかんだで黒澤映画で一番見返してるのはコレなんです。

白痴なんて今はほとんど使われていない言葉で、パソコンによっては変換すらされませんけど、簡単に言えばつまり「バカ」のことです。

しかし一言でバカと言ってもいろいろ種類があるじゃない。
この映画のモリマの場合は、簡単に言うと小学生くらいの子どもがそのまま体だけ大人になっちゃったという印象。
人間が大人になるにつれて身につけていくもの…自己防衛の為に人につく嘘だとか、自分を偽ったりとか。そうゆう人間の嫌らしい部分が何もない、まさに不純物ゼロな人。

仕草もそう。人の顔を意味もなくじーーーーーっと見たままフリーズしてたり。
これって子どもはよくやるけど、大人がやると「なにこの人気持ち悪い怖い」ってなりますよね。そんな感じです。

子どものままでは生きていけない。「真に善良」で純真な心だけではやっていけない。
世俗に対応できず、周りを巻き込んだ挙句にやがて狂っていく。彼には人を守る力もなかったし、自分を守る術も持っていなかった。

そんなモリマ、三船に「生まれたての羊を見ている気分になる」とか言われ、原節様には「こんな赤ちゃんみたいな人の人生を台無しにできない」とか言われてますけどこれのモリマはマジで子羊天使!
あざとい!萌え袖ポーズがあざとい!なんだよこのオジサン…

だけど一概に可愛い!とも言えない。
無垢と虚無が同居してるような、ブラックホールみたいな眼をしてて。じーっと見てると吸い込まれそうだし何か見透かされそうだしで、ちょっと原節様たちの気持ちもわかってくる。あの透き通ったような瞳の色凄くないかい?「浮雲」では濁りまくった目をしてるのに、どうして役によってこんなに目の色を変えることができるんだろうか。森雅之恐るべし。

全身黒尽くめでもはや魔女にしか見えず、小津作品に出てる時の面影ゼロの原節子。情緒不安定とか通り越してあまりにもめんどくさい久我美子。ギラギラしつつも神経質な中学生男子感がプンプン漂う三船敏郎。三船は原節様が好きとか言いながらモリマとばっかり喋ってるよね。

そう、モリマと一緒にいる時の三船はまさに中学生男子。離れているとモリマが憎くて殺したいくらいなのに(一応恋敵だしね)、いざ顔を見ると優しい気持ちになってしまうらしい。
またこんなこと言うと怒られそうですが、これってBLと思って観ると案外、腑に落ちるんじゃないかと思うのよ。ていうかBLでしょこれ。←違う

冒頭で三船がモリマの手を引いてあげてたり例の子羊発言といい、ママとモリマとお茶してる時の三船のウインクといい「俺たちお守り交換し合った仲じゃねえかっ」発言といいなにこれ可愛いんですけど!モリマはモリマで「お守り交換し合ったキミしか信じない」とか言い出すし。
最後は何故かふたりで一枚の毛布にくるまり、秘密を共有し合って発狂する。モリマが三船の顔を両手で包み込んだ瞬間「チューすんのか…?」と考えてしまった自分の腐脳を叩き壊したいです。えぇ、もちろんチューはしません。

モリマは博愛主義っぽいというか誰にでもそんな感じではあるんだけど、三船のモリマ愛がとんでもないよ。あんた原節様じゃなくてモリマが好きなんだろう?モリマを取られたくないから原節を殺したんだろう?晴れてモリマとふたりきりになれてハッピーエンドよ。
ね?なんか色々解決するでしょ。しないか…

って、この発狂までのシーンもクレイジーで凄い。三船の「お猪口一杯も血が出なかった」の後のモリマの子どもみたいな表情と「それは僕、知ってる。内部出血って言うんだよ」って、さっきまであんなに怯えてたのにこの状況に既に順応しちゃってるのがもうヤバい。

しかし何が一番凄いって。この人たち、まばたきほとんどしてないんじゃないですか。まばたきひとつにすら意味があるような、この4人の恐ろしい眼力とテンションの高さ。4人で対峙するシーンの緊張感は半端じゃないし、原節様の顔が大変なことに。そして眉毛が気になってしょうがない。そして全く相手にされていない三船の俺何感。

で、4人とも日本人に見えないのも凄い。舞台は北海道のはずなのにロシアに見えてくる。あの時代の北海道ってあんなに異国っぽい雰囲気だったんでしょうか。
モリマが三船の視線に怯えながら街をさまようシーンがあるけど(このシーン、大好きです)とても日本とは思えないんだよね。馬がシャンシャン鈴鳴らして走ってたりさ。

これだけツギハギ状態でありながら、そのシーンひとつひとつには観ている者を惹きつける力がある。これ、カットされてないオリジナル版なんて観た日にはどうなるやら…
オリジナル版のフィルム、どっかにあるんでしょう?さっさと出しちゃいなさいよ。需要はあるぞ。絶対にある。
早いとこ公開して、今一度再評価されるべき作品だと思うんです。

生きてるうちに絶対、観たい。
もっと色々語るのは、オリジナル版を観てからにしたいな。