「NYPD15分署」1999年 アメリカ





1999年
監督:ジェームズ・フォーリー
出演:チョウ・ユンファ、マーク・ウォールバーグ、リック・ヤング他

ユンファのハリウッド進出2作目。

15分署のチャイナタウンを取り締まる班に配属された”白人刑事”のダニエル(マーク・ウォールバーグ)。
しかし彼の本当の正体は、汚職を摘発するために派遣された内務捜査官だった。

ダニーは班のリーダー格であるチェン(チョウ・ユンファ)と行動を共にし、同じ敵を追い、互いを助け合ううちに信頼関係を深め本当の相棒のようになっていくが…

ユンファの魅力がギュッと詰まったありがたい2時間

B級感溢れる邦題でね…「NYPD」ってのは、ニューヨーク市警のことです。

原題は「THE CORRUPTOR」
腐敗した者、の意。

 

まずオープニングが素晴らしい!
オリエンタルな香りのする音楽(この曲かなりお気に入り)に、オープニングクレジットのシックな映像の組み合わせが美しい。

だけど中身は、男臭くてかなり渋めな刑事モノです。

舞台はニューヨークのチャイナタウン。
ユンファは15分署でチャイナタウンを取り締まる班に所属する中国人刑事・チェンを演じてます。
まあ表情豊かで喋る喋る!前作の「リプレイスメント・キラー」とは180度違うキャラクター。
セリフに関しては、前作より相当英語がうまくなってるそうで。私は英語からっきしダメなので発音とかよくわかんないんだけど。

そして前作よりも見た目が相当丸いw
しかし丸くても男前なんだよなあ。私は丸いユンファ好きよ。

このチェンみたいなキャラが彼本来の魅力というか、前作よりこっちの方が顔見せ感があります。チョウ・ユンファはこうゆう俳優ですよ〜、ってね。
パッと見テキトーで明るそうに見えるんだけど、猫背気味の大きい背中から溢れる哀愁と色気がたまらんわね。

対するマーク・ウォールバーグは内務捜査官・ダニエル役。ユンファの「汚職」を調べるために15分署へやってきました。
もちろん自分の正体は上層部にも内緒。普通の刑事としてユンファの班に配属されます。

クソ真面目で、悪く言えばあまり個性のないキャラクター。
だからこそユンファの濃ゆいキャラが際立って、二人のバランスもうまく取れてるような気がします。
しかしマークのムキムキした身体には驚いた。

冒頭、鼻歌うたいながら登場するユンファ。ランプ屋の主人とのんきにトランプ。
…と、見せかけて実は中国人青年マフィア集団「福建ドラゴン」の連中がやってくるのを待っている。そこへ連中がノコノコやってきます。
この鼻歌からの無双っぷりが最高にかっこいい!

更にその後、薄手のガウン着て薄暗いキッチンでお料理薄手のガウンとか激萌えですよ。
片手でサクッと卵割る男前な姿に更に萌え!
本編開始からここまで、わずか数分。素敵ユンファのオンパレードで既に萌え死寸前…

チェンは中国人マフィア「トン」の補佐役・リー(オネエ!)と繋がりを持っていて、賄賂のやりとりなんかしてる汚職刑事であることに間違いはないんです。
だけど本当は正義感の強い人で、最初はよかれと思ってやってきたことが…結果取り返しのつかない「汚職」になってしまったんですね。

ダニエルが配属され、最初は「白人の刑事なんかうちの班にはいらん!」と突っぱねるチェン。青二才って英語で「グリーン」ていうんだね。そのまんまか。
しかしいざ行動を共にし始めるとやっぱりイイ人っつーか面倒見がいいっつーか、ダニーのことを心配もするし守ってくれるしで。

自分と一緒に行動することで、ダニエルもリーに目をつけられることになる。チェンはダニエルを危険に晒したくないし、自分のようになってほしくないわけです。
リーにも「あいつには手を出すなよ」と釘を刺す。もちろん聞いちゃもらえないが。
しかしリーの入浴シーンは何度見ても気持ちが悪い。夢に出てきそうだ。

チェンの心配をよそに、ダニエルもズルズルと同じ穴のムジナ状態に陥っていきます。
そして、チェンがダニエルの本当の正体を知る時がやってくる。

 

ガンアクション有りカーチェイス有り、登場人物たちの裏の探り合いも有りで、刑事アクションものとして必要な要素はしっかり詰め込まれてます。
ガンアクションは言わずもがな。カーチェイスの迫力は見事の一言に尽きる!街中で撃ちまくって市民巻き込みまくって今公開したら苦情が凄そう。

だけど現実、あれだけ撃ちまくっていれば市民に当たらないわけがない。そこをきっちり描いているのも、リアルで良かった。

でもねー、実はね。
途中、ちょっと眠くなりました。これ!っていう山場がないんですよ。

チェンがダニエルの正体を知るのは、終盤になってから。この時のチェンの表情!
さあここから盛り上がってラストスパートだな!と思いきや、かなりあっさりと終わりを迎えてしまう。この話ってここが一番キモなんじゃないの?

最後の銃撃戦もね〜。
福建ドラゴンの皆さんがとにかくヒョロくてただの街のチンピラって感じで、もう雑魚感丸出しで盛り上がらないんだよ。
まあその雑魚相手にやられちゃうんだけど…

結局、アクションと心理戦の両方を欲張った結果、心理戦の方がかなり中途半端になっちゃった印象です。

ダニエルもリーと癒着し始めて、チェンに「おまえはもう誰も信用できない。困った時は俺を」とまで言わせたわけですよ。
もっと、チェンに対するダニエルの心の葛藤を描いてほしかったな。

 

そんなことを言いつつ、やっぱりこれはユンファ好きとしては外せない一本。どのシーンのユンファも最高にかっこよくてセクシーっすよ。
私は売春婦の館に突入した時のNYPDジャケット姿にひたすら萌えた。なんという男前か…

個人的には、チェンと売春婦・メイのエピソードをもうちょっと知りたかったな、と。
写真で出てきたけど一緒に買い物に出かけたりなんだりもしてたのね。他にもわさわさ売春婦が出てくる中で、どうしてメイだけ特別なのかな〜、ってね。
リーに近い存在だから特別に面倒を見てただけ?だけどメイにおかゆ食べさせてあげてる時のチェンはこっちが鼻血出るくらい色っぽくて優しい目をしてたんだよなあ。

チェンがいなくなっちゃって(ついでにリーもいなくなって)、その後メイはどうするんだろう。
メイ役の女優さん可愛かったな。