「トーク・トゥ・ハー」2002年 スペイン





2002年
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ハビエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ、レオノール・ワトリング、ロサリオ・フローレス他

あらすじ


4年前の交通事故以来、昏睡状態のアリシア。そんな彼女をひたすら看病し続ける看護士ベニグノは、起き上がる事のない彼女に向かって語り続ける日々を送っていた。
一方、女闘牛士リディアも競技中の自己でアリシアと同じく昏睡状態に。リディアの恋人マルコは突然の事故で悲しみにくれる。
愛する人が昏睡状態に陥っている、同じ境遇に立ったべグニノとマルコは次第に友情を深めていくが・・・

ネタバレビュー

こうゆう事を書いていいのかどうかわからないんだけども・・・
人間(の女)ってのは植物人間であっても生理はちゃんとくるもんなんだと、そうゆう体の機能は正常に動くんだなと。この映画を見て初めて知った(だって知る機会もなかったし)。
で、当然植物人間なわけだから、普通の人みたいに自分で処理する事ができない。

となると、他の人にやってもらうしかないんだけどさ。

この部分の描写が凄く生生しくてね。
しかも!この映画の中じゃ男が処理してんだよ!しかも恋人とかじゃなくて片想いの男がよ。そりゃダメだよあんた・・・
これ、もし私だったらさ。目覚めた時にこの事実を知ったら、正直どう思うんだろうなあ。
で、生理の処理だけでなく下の処理まで喜んでやってあげるペグニノ。うーん・・・

というわけで、この映画のテーマは『究極の片想い』とかそんな感じで良いんだろうか。
片想いと呼ぶにはちょっと歪んでるかな・・・気持ちが理解できる部分もあれば、そりゃやり過ぎじゃないのかって思う部分もあって、複雑な気分になった。

でも『キモーい』という感想では終わらなかった(いやちょっとキモいかなとは思ったけど)。
むしろ美しさすら感じた。起きない相手に向かって話しかけ続けたり本を見せてたり、でもいくらやっても相手からは反応はない。それがあまりに切なくて。
恋人でもないのにそこまでやってストーカーじゃんって言われたらそれまでだけどさ。
こんな愛の形もあるんだなよな・・・

先日から気になっている俳優フェレ・マルティネス氏は劇中のサイレント映画のヒロインの相手役で登場。でもメイク濃くてよくわからない。
つーかこのサイレント映画はどうなの?オチがとんでもないよ。