長谷川一夫王子様(インド人)『進め独立旗』

1943年
監督:衣笠貞之助
出演:長谷川一夫、轟夕起子、森雅之、中村伸郎、三津田健、斎藤達雄、入江たか子、志村喬 他

VHSで鑑賞。

東宝マークよりも先にババンと画面に出てくる「撃ちてし止まむ」の文字!
1943年という太平洋戦争の真っただ中、インド独立運動に重ねて日本人の戦意を煽るといった感じの、いわゆるプロパガンダ映画。
日本映画でありながら登場人物のほとんどがインド人とその敵であるイギリス人。そのどちらも日本人が日本語で強引に演じています。

主人公はインド人長谷川一夫。彼はインドのどっかの王子様だそうで、イギリスの弾圧から逃れるためにアジア各地に散らばり活動している同志たちを訪ねながら、この日本にもやってきた。

その他在日のインド人にこれでもかってくらいメイクが濃い森雅之、その妻に轟夕起子、インド人クラブに集うイギリス人に中村伸郎、三津田健…そしてインド人の裏切り者が菅井一郎。菅井一郎は博士みたいなヘアスタイルして一目見ただけでコイツは悪い奴だぞとわかる、素晴らしい風貌。

日本のイギリス大使館には斎藤達雄がいる。斎藤達雄はインド人じゃなくてイギリス人の役なんですけどこれできるの斎藤達雄の他に誰かいます?スタイル的にも雰囲気的にも…立ち姿がスマートで英国紳士風ですよ。とはいえどう頑張って見ても日本人ですが…
それにしても日本語を喋りつつ時々横文字をそれっぽい発音で言ったりするんで笑ってしまった。

インド人たちの活動が鬱陶しいイギリス人斎藤達雄は、独立運動の中心人物をどうにかして拘束したい。そこで裏切り者な菅井一郎の出番です。
彼の密告によりその中心人物が長谷川一夫であることがわかりますが、なんつっても長谷川一夫はインドの王子様。おいそれと手を出すことはできません。

とは言え最終的に長谷川一夫は捉えられ、インド人たちは大使館前で歌をうたいながら抗議(歌は日本語)
長谷川一夫は絶食しながら抵抗するが…

 

結局この映画何が言いたいって、日本人よ武器を持って戦えということです。
歌うたって抗議しても絶食して抵抗しても勝てないのだ。長谷川一夫の言葉をそのまんま借りれば「武器なき戦いの悲惨な結果を悟れ」と。武装せよと。
そう言いたいのは、わかるのですがね。

当時の人々がこの映画を観てどう思ったかわかりませんけど、なんだか戦中の勢いで無理やり作ってしまった感が終始画面から溢れていて、テーマ以前の問題というか。

何が一番痛いかって、何もしなくても濃いめの顔した役者さんたちにね、さらに彫り深メイクを施してとんでもない見た目にしてしまった挙げ句誰もインド人に見えないという、これに尽きると思うわけです。

それでセリフのないインド人の役は本物のインド人が出てきて演ってるんだから、もうほんとにおかしい。インド人クラブ内はインド人と何人だかわからない濃すぎメイクの日本人が入り混じってカオスな空間になってます。

日本人が外人風メイクをして日本語喋って…っていうのは、舞台のお芝居なら成立しますけど、映画じゃとっても無理があるというのが一番の感想であります。
正直言ってあまりオススメする気にはなれない一品。

さて、モリマっ子としてはですね、映画のモリマ史上最高クラスに濃いメイクと、ラストの熱い大演説、演技とかその前にそもそもインド人であるという(笑)そういう楽しみというか、収穫はありました。
まだ32歳と若いんで声が高くて、明るい青年の役なので喋り方がかわいい。「遅れてしまうよォ~」の伸ばし方の可愛いことよ!明るい青年役ってのもあんまりないしね。

車を追いかけ全力ダッシュ、その車から振り落とされたモリマを見た時の轟夕起子の『ッアーーー!!』の言い方にも注目していただきたいです。もし観るなら。

クレジットに特殊技術で円谷英二の名前がありますがどの辺に特殊技術が必要だったのか何度見返してもわかりません。