「狙撃」1968年 日本





1968年
監督: 堀川弘通
出演:加山雄三、浅丘ルリ子、岸田森、サリー・メイ、森雅之 他

殺し屋してる若大将が殺し屋してる森雅之に狙われて決闘するガンアクション。

土人ダンスのインパクトがすごくて

正直言って森雅之が出てなかったらまず観ないタイプの作品でございまして、面白いのかそうじゃないのか、かっこいいのかダサいのか私には判断がつきません。途中で意識が遠のいて、モリマがインしたら起きて、モリマがログアウトするとまたシュルルルル〜と意識が遠のく。笑
何度観てもそんな感じなんですけど、小物には相当こだわっているそうで、ガンマニアさんとか車が好きな方にとってはたまらない作品のようです。私はその辺の知識が全くなくて…これでモーゼルという銃の名前を覚えました。

加山雄三がまだ若大将してた頃で、その爽やかイメージを一新させるかのようなキャラクター。
うーん、加山雄三はね……喋ったらイカン。黙ってればクールでかっこいいのに喋るとほんとにガクっときちゃう。射撃してる時のかけ声がオットセイ調。
加山雄三の恋人が浅丘ルリ子。加山雄三とルリ子がやたら寝ててエロくて、そうかと思えば唐突に土人ダンスを始めたりよくわかんない蝶の演出があったりで、観てるこっちはその不思議な空気に頭が追いつきません。あの土人ダンス、演ってる本人たちの気持ちってどんなだったのか聞いてみたい。ルリ子めっちゃ細い。
加山雄三のお友達でガンショップ屋してる岸田森。まともそうに見えてやっぱりまともじゃない感を醸し出してて、妖しくてエロくていいんです。

モリマは凄腕スナイパー(えー!笑)という設定で、派手な金髪お姉ちゃんを連れて登場。セリフはほぼなし。途中でイタリア語みたいなの喋ってアーッハッハ!って笑ってる。とにかく終始無言でニヤニヤしてておっかない。かっこいいんだけど時々人形っぽく見えるのは何故?
そんでなんだかよくわからないうちに加山雄三がモリマに追われてて、ヘリコプターから狙い撃ちされたりしてラストは巌流島の戦いよろしく。

一番の見どころはなんといっても、そのラストの決闘でしょう。
57歳のモリマが!砂浜に革靴という超絶走りにくい環境で!タタタタタタタタッと華麗なフォームで駆けるその姿は素晴らしいというか、もうビックリした。このシーンは息がピタっと止まるような緊張感があって、いいですね。

太陽をバックにゆらゆらと歩く姿、倒れ方も絶品です。これだけでも観た甲斐があったってもんです。