「千羽鶴」1953年 日本

1953年
監督:吉村公三郎
出演:森雅之、木暮実千代、杉村春子、乙羽信子、木村三津子、清水将夫 他

ある男の愛人だったふたりの女が、今度はその息子を巡っておかしくなっていくおはなし。
原作は川端康成。撮影は宮川一夫。

 

吉村公三郎の映画に出てくる森雅之はもれなくお坊ちゃまで、この「千羽鶴」では生まれ持った品の良さとお坊ちゃまらしい可愛らしさが炸裂。ここらはもう地でいけますから、モリマのパーソナリティをいつも重視してくれる吉村さんに感謝です。

そんな可愛いお坊っちゃま森雅之が、お色気過多な木暮実千代と、モンスター&ホラーな杉村春子に挟まれ右往左往。このふたりはどちらも、モリマの父親の愛人だった女。

木暮実千代に「お父様によく似ておいで」と何度も言われるモリマ。父親は清水将夫ですけどそんなに似てるかい?とにかく似てるってんで、木暮実千代はもう清水将夫とモリマを混同しちゃって大変です。モリマもそこはわかっているものの、人が良いもんだから(優柔不断とも言う)ほっとけない。

一方杉村春子の方は、木暮実千代に愛人の座を奪われ、清水将夫が亡くなってからもなお慕い続け、挙句その息子モリマの世話まで焼くという凄まじい執着心。杉村先生、普通に撮ったって怖いのに宮川一夫は要所要所でドドーン!!と妖怪みたいな撮り方してます。とにかく怖い。

そんなおっかないおばさん二人の裏には、まともな若い女子が控えている。
杉村春子のすすめでモリマとお見合いする木村三津子。そして木暮実千代の娘である、乙羽信子。娘は母親と違って、控えめだけど芯がしっかりしている。娘が母親の面倒をみてるというような…母親が反面教師みたいになってるんですかね。

こうして4人の女に囲まれるモリマですが、4人それぞれに対して全く違う表情を見せてます。

木暮実千代とは、あのお色気でコロっといっちゃって……っていう風には見えないんだよなぁ。最初は迫られた勢いでそのまま〜、だったのかもしれませんが。どこか同情めいたような、危なっかしくて放っておけないような、複雑な視線を向けている。父親と混同されてるんだからそりゃ複雑です。
乙羽信子に「母に近づかないで」と念を押されても、木暮実千代の方はやたらとうふんアハン言いながら迫ってくるんで無視もできんのですよ。突き放せない優しさが仇になる、そこがこのモリマのダメなとこなんですが…

杉村春子とは、なんやかんやとキツイ言葉を浴びせつつも、時々いたずらっぽい笑顔を見せたりからかったりと基本的には遠慮がなく(これがまた可愛いんだ)お坊っちゃま全開。実は一緒にいて一番気を遣わない女なのかもしれない(好き嫌いは別として)

木村三津子を見つめるモリマの視線は瑞々しい。自宅に招かれた時の木村三津子を見つめる眼、茶室で木村三津子の視線を追う眼がキレイで印象的でした。
おっかない女に挟まれる中、彼女の存在はオアシスであったに違いない。木村三津子だって最初はモリマに好印象を抱いていたはず。ところがモリマは木暮実千代にモタモタとかまったりしてるもんだから、こりゃダメだと思ったのでしょう。「あなたは乙羽信子を大事にしてあげて」とか言いながら去っていく。

乙羽信子に向ける、どこか後ろめたい視線。
乙羽信子に釘を刺された時の、彼女を見る眼。終盤、母を迎えに来た時の乙羽信子を見るモリマのあの顔、あの眼。秀逸です。

最終的に乙羽信子もモリマの元を離れていきますが、はっきりしないモリマが悪いんだよ!おまえはいつもそういうとこだぞ。
しかしモリマからしたら一体何だったんだという話でもあり、こんなことになっては女性不信に陥ってしまうね…

 

さて。この作品何が素晴らしいって、杉村先生と宮川先生です。
どちらも流石としか言いようがないんだけども、海のシーンはどれも構図が美しくてうっとりしました。乙羽信子との、柵を隔てた別れのシーンが個人的にとても好き。これVHSしか出てないなんて勿体ないですよ。きれいな映像で観たいよ。

杉村春子の方はまさしくTHE 杉村春子であり、歩き方、シルエット、振り返りざまの表情といい最高にホラーしてる。「自殺ですよ」の顔から高笑いに至るまでの流れが素晴らしい!

だけどそういう狂気の中に女の哀れさも滲ませてるんですよね。
私はどっちかというと、木暮実千代の幼児性を含んだおかしな色気の方がタチ悪いなと思ったんですがね。こんなのが一番厄介じゃないですか?杉村春子は怖いけど、同情するところもあるのですよ。

人間関係ドロドロの昼ドラ系だけども、撮り方がきれいだしなんせモリマと木暮実千代。全然下品にならないのです。
観終わった後にほぉっとため息が出る、良い映画でした。

最後にモリマオタクとして一言申し上げたい。
森雅之じゃ年取りすぎだ、って思うでしょう?思うでしょ?

ちょっと待った!!!!!

このモリマは長い睫毛が際立っていて超!美人!なのです。
モリマ史上トップクラスと言ってもいい美しさでは?なんだかお肌もツルッとしていてハリが…光あてまくってるのか…?っていうくらい、実年齢より若々しく見えます。

同じような役ばかり振られた弊害でスランプに陥り、この「千羽鶴」で持ち直したと、当時の映画批評には書かれています。上に書いたようにそれぞれの女性に見せる表情、視線の動き。トゲがなくて柔らかい口調の中に内面のモヤモヤイライラを滲ませる、そういう細かい仕草がやっぱりうまいな、ぐっと来るなあと、この「千羽鶴」を観て改めて思った次第。

森雅之の可愛いお坊っちゃまは最高です。
きれいにお直しして円盤にしてほしい…