「シンドラーのリスト」1993年 アメリカ

人間ドラマ


1993年
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ他

第二次世界大戦中、ユダヤ人虐殺を目の当たりにしたドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、自分の工場で働くユダヤ人たちを救おうと奮闘する。

あらすじだけ見ると英雄みたいなシンドラーですが、元々は『救出』という風には考えてなかったのでは。というか、考えてなかったよね?

戦争の勝ち負けより自分の利益優先のシンドラー。
ユダヤ人は安く雇えるという理由で、多くのユダヤ人を自分の工場で働かせる。人手が足りなくなっては困るので、自分の工場で働くユダヤ人を殺されては困る、と。
でも最後には、『もっとたくさん救えたはずだ!』と言って嘆いている。いきなりヒーローっぽくなっちゃってちょっと驚いた。

時折、赤いコートを着た少女が画面に映る。
モノクロの映像に映える、真っ赤なコート。
その少女を見た時に、シンドラーは何を思ったのか。
その少女が殺され運ばれてるのを見た時、シンドラーは何を思ったのか。

スピルバーグはユダヤ系アメリカ人。
そのためか、徹底的にドイツ軍を悪として描いている。シンドラーがやたら美化されてる感があるのもそのせいなのかもしれない。

ユダヤ人虐殺のシーンは観ていてかなりきつい。
意味も無く撃たれ、ちょっとした気に入らない理由で撃たれ、レイフ・ファインズにはウサギ狩り状態みたいな感じで撃たれ。あれって撃ってる側はどうゆう心境なんだろう。

『シンドラーのリスト』に載った女性が間違ってアウシュビッツに連れてかれると、先にそこに居たユダヤ人が列に並んで歩いていく先が焼却炉みたいな建物だったり。

観てて吐き気がするぐらい、これでもかってほど残酷。
身体検査で男女関係なく素っ裸で外走り回ってるシーンは悲惨過ぎて目を覆いたくなる。

最後、ドイツが無条件降伏してシンドラーがドイツ兵に向かって『人間として家に帰ってくれ』みたいな事を言ってるのが印象に残った。
命を大切にしなければならないという事を、嫌というほど考えさせてくれる映画です。

ドイツ人のシンドラーが全編英語(しかもイギリス英語)しか喋らない件については、リーアム・ニーソンが男前という事で見逃します。