「里見八犬伝」1983年 日本

アクション


監督:深作欣二
出演:薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、夏木マリ 他

夏木マリ率いる妖怪軍団に滅ぼされた里見城。逃げ逃れたひろ子静姫は道中で不思議な玉を持つ千葉ちゃん・寺田農コンビに助けられる。静姫は叔父のところへ行く予定だったが、千葉ちゃんの話を聞き八剣士を探し妖怪軍団を倒す旅に出る。

この映画は夏木マリを楽しむための映画です

当時の技術レベルを一切無視した超スペクタクルでファンタジーでRPGな時代劇。

もはや妖怪にしか見えない夏木マリ(←もちろん褒めてる)率いる妖怪マリ軍団がとにかく濃い。
マザコン目黒祐樹にナルシス萩原流行、妖怪手術?担当の汐路章がとにかくはまってる。とにかく濃い。
そして夏木マリの強烈なインパクト。

対する八剣士は余命1ヶ月の千葉ちゃんを筆頭に、何気に名優寺田農、今と全く変化のない京本政樹(超シスコン)、蛇と萩原流行に愛される女が志穂美悦っちゃん、ボランティア活動的な事してる苅谷俊介と目の見えない子供。マリ軍団だったのに何故か玉を持ってる大葉健二。
そして最後に加わるのが両手に鎌持たせたら最強真田広之。

百姓育ちでやんちゃな真田広之は賞金目当てでひろ子を追いかけまわしてとっ捕まえますが、一緒に行動するうちにひろ子に惹かれていきます。
その一方、京様の義理の妹・岡田奈々の婚礼中に暗殺事件発生。蛇と悦っちゃん登場。大混乱の中、岡田奈々は京様と一緒ににげようとするも殺害されてしまう。

悦っちゃんを逆恨みする京様ですが、妹がマリ軍団の手に渡った(改造されちゃった)と知り仲間に入ります。
途中、真田広之が夏木マリの息子であるというとんでもビックリな事になりマリ軍団に改造されかけますが(されちゃったんだけど)玉の力で改心した大葉健二に助けられます。
千葉ちゃんの余命がわずかなので展開が早い。

道中でさらわれてしまったひろ子を助けるため、たった8人でマリ軍団の城に斬り込む千葉軍団。
八剣士が次々と散っていくラストバトルのスピード感は鳥肌物!さすがJAC!
千葉ちゃんの巻物技は最初から使えばよかったんじゃないのか?あれで全員倒せそうなんだが・・・結局弁慶の立ち往生の如く千葉ちゃんも散ってゆく。
そしてそこからの真田無双っぷりが半端ない。舞うように鎌でマリの手下をなぎ倒していく姿は圧巻。華麗な回し蹴り。

ドリフのコントで使ったやつそのまま持ってきましたって感じのセットや、突如襲撃してくる巨大ムカデの出来ばえとかの件は置いといて…

まだ時代が時代なのでそれもしょうがないとして…岩のハリボテ感とか凄かったけど。

でも城が燃え落ちる様子は当時の特撮ならではの迫力があって感動。
衣装、気合入ってます。というか、夏木マリだからあの衣装が許されたというか。他の人じゃ着こなせないよなあ…って思うとやっぱりこれは夏木マリありきの映画だと思う。
最後の断末魔の叫びとかもうね、すげーよこの人。
もう他の人でリメイクしたくてもできないね。って思ったらリメイクされてたんだね。見てないけど。

静姫と親兵衛のあのダラダライチャコラシーンさえなかったらほんと文句ないんだけどなあ。
あのシーン無駄に長いよね。ひろ子ファン向けのサービスなのかね。
だからってあんなにダラダラさせなくてもねえ・・・あそこでちょっと集中力が途切れちゃう。

志穂美悦子は可愛いね!こんだけ可愛くてこんだけアクションできる女優さんはもう出てこないんじゃないかね。
岡田奈々も可愛かった。『はまじ』って役名は私の世代からするとちょっとあれですがね。さくらももこのアレが出てきちゃうよね。京様が『はまじぃーー!!』って叫ぶシーンでいつもあの顔が出てきて困る。ごめんねはまじ。

この頃の真田さんはまだおぼっこくて可愛い。ポニーテール似合うよ可愛いよ。
そして太腿が全開だ。衣装さんに感謝。