『女であること』1958年

 

監督:川島雄三
出演:森雅之、原節子、久我美子、香川京子、三橋達也 他

小津安二郎の『淑女は何を忘れたか』、市川崑の『あの手この手』に続く、突然やってきた小娘が倦怠期夫婦の間に入り込み引っ掻き回す系。
タイトルを皮肉るような美輪明宏の歌とどアップで始まるインパクト。

森雅之・原節子演じる佐山夫妻は結婚10年目。
夫は美形敏腕弁護士、妻はエレガントでとんでもない美貌の持ち主、子どもはいないけど仲は良くて(倦怠期には見えない)周りからは理想的な夫婦であると見られている。
そんな佐山夫妻の家で面倒みてもらっているのが香川京子。彼女はモリマが担当している事件の被告人の娘であり、他に身寄りがいないため原節様の発案で面倒みてあげてます。暗いけど小鳥が好きな優しい子です。

そこへ転がり込んでくるクラッシャーみたいな小娘が久我美子。そう、掻き回す娘と掻き回される夫婦の旦那の配役が『あの手この手』と同じなのです。年取ってからどっちがどっちかわかんなくなりそうで不安です。
『あの手この手』のアコちゃんと『挽歌』の怜子を足したような、もう見た目が久我ちゃんじゃなかったらぶん殴りたくなるような腹立たしいキャラクターで。カガキョンの方が先に夫婦のお世話になってるのに、態度がでかくてえらそうで腹が立つ。小鳥の扱いも雑で腹が立つ。
カガキョンが原節様に『おじさまの前ではおじさまに好かれる子、おばさまの前ではおばさまに好かれる子になるの』と漏らしてますが、どっちの気も引こうとして無茶苦茶するのは『挽歌』の怜子と似た感じ。
ここまで余裕たっぷりだった原節様は久我ちゃんの出現で心を乱され、余裕がなくなり不安定になっていく。

更に原節様の心を大きく揺らす元カレ・三橋達也が出現。
再会した瞬間の顔面蒼白っぷりが凄い。

モリマはモリマで、久我ちゃんから好かれていることをなんとなく感じてはいるものの、自分の体調の悪い時にあれこれ世話を焼かれるのも悪い気はしてない様子。パジャマ姿+メガネで布団に横になりながら(エロい)仕事の手伝いもしてもらってる。

「おじさま!うち役に立ってる?」
「…早くぅ(ニヤニヤ」←この「早くぅ」の言い方!!

ついに久我ちゃんを自分の事務所で働かせることに。当然原節様は良い気がしません。
この事務所でお手伝い?アルバイトをしているのがめちゃくちゃ若い山本學。丸坊主に学ランで衝撃の可愛さ、久我ちゃんと並ぶと可愛さ100倍である。なんか、雰囲気的にいかにもモリマの事務所の子って感じでものすごいしっくりくるんですよね。
モリマ久我ちゃん山本學が揃うとんでもない法律事務所…入った瞬間何かの圧にやられそうです。

さて、原節様の元カレ三橋達也は前々からモリマの事務所にお世話になっていたらしく、ついにモリマ本人とも対面。その後久我ちゃんも交えてナイトクラブへ繰り出しますが、ここで久我ちゃんはガッツリおじさま大好きアピール。チークダンスするモリマは踊ってるだけなのにR指定級のエロさ。しかし過労でふらついてしまい、このふらつき方もまたエロい。

三橋達也が二人を家まで送ってくれたので、またしても原節様は元カレと対面する羽目に。しかも横には夫がいる。会うのを嫌がる原節様を、ちょうどそこへ来ていた久我ママが「私がついてるから大丈夫!」と煽りなんとか対面するも、原節様より久我ママの方があからさまな態度で笑う。
原節様も異常によそよそしい態度で、それじゃモリマにバレますよ…バレないけど。

やがてカガキョンはわけあって佐山家を出ていき、夫婦の間にミシミシときていたヒビが大きな亀裂となる。
久我ちゃん×原節様の〇〇、時空を飛び越えた夫婦喧嘩、余裕の無さから本音が出た原節様の鬼の形相は必見。モリマのイライラもピークに達し、ラストへの伏線を張りつつ話はクライマックスへ。

 

おばさまにはおばさま大好きアピール。おじさまにはおじさま大好きアピール。
おばさま一人を好きな自分は好きで、おじさま一人を好きな自分も好き。
ふたりとも好きな時の自分は嫌い。

結局久我ちゃんは何がしたくて、どちらを好きだったのかという話ですが。
個人的には、やっぱり原節おばさまが好きだったのだろうなと思う。本人にその自覚があったのかどうかは置いといて。

と言って、モリマおじさまが好きというのも本当だったと思うのです。
どちらにも好かれたいからどちらにも良い顔をするわけで、「誰か一人を独り占めできればいい」とも言ってますけど、おばさまとおじさまのどちらを独り占めしたいのか、自分でわからない。
おばさまが好きだけどおばさまは女で、おじさまは男で、私は女…というところが邪魔をして、結局わからなくなってるということじゃないのかと思ったのだけど。おばさまに対する「好き」とおじさまに対する「好き」の区別がついてないというか…
まあ、キャラクター的にどこまでが本音でどこまでが作っているのかってのが私には理解不能だったので(笑)この辺はよくわかりません。観る人によって感じることは違うと思う。

そうしてまた「自分探しの旅」へ出かけていくわけですが、一生自分探ししてろよ!と思いました。
自分探しは悪いことじゃないが他人を巻き込むのは最悪だよ。

カガキョンの彼氏が石濱朗で最初のうちは初々しくてとっても可愛い!
が、一緒に暮らし始めた途端態度がでかくなった挙げ句絶対に言ってはいけないクソ発言をかましてくれるのでこの映画で最も最低な男で賞は石濱朗に決定です。
この映画のモリマはクズではありませんが、なんとなく雰囲気でキスしちゃうあたりはやっぱりモリマでした。

カガキョンは終始うつむき加減で暗く、たまに見せる笑顔も寂しくて観てるこちらも辛かったけど、最後には憑き物が取れたようなスッキリ明るい笑顔を見せてくれて嬉しくなる。
ラスト玄関先でのモリマと原節様の笑顔のやり取りは素晴らしい!最高!

観終えると、オープニングの三輪様の歌がいろんな意味で心に沁みます。
そうか、エレガントな豚だったか……

「キミも女だね。始末が悪いよ」