「北の零年」2005年 日本





2005年
監督:行定勲
出演:吉永小百合、渡辺謙、豊川悦司、石田ゆり子、香川照之 他

あらすじ


明治維新初期、故郷を追われ北海道移住を命じられた淡路・稲田家の武士とその家族たち。武士という過去の身分も刀も捨てた男たちと、その男たちを支える女性たちが北海道の大自然を開拓しようと励む感動の群像劇。
感動・・・感動?

友人から『クソ映画過ぎるから是非観て欲しい』と薦められたので観てみました。

ネタバレビュー

これは本当にクソ映画でした。

とりあえず小百合の年齢設定はどうなんですかね…
娘がずいぶんちっちゃいけどあれじゃ母娘というよりおばあちゃんと孫だよ。
いくら小百合が綺麗だからとは言え・・・ねぇ。ストーリーよりも小百合のおばあちゃんっぷりの方が気になってしょうがなかった。

最初はかっこよかったケンワタナベ。
札幌でも育つ稲をもらいに行くとか言って出かけたきり、いつまで経っても戻ってこない。
村人たちから『あいつ帰ってこんやないかい!』と非難され、小百合の肩身は狭い。

そんで謙さん何してたかと思ったら旅先で病気になって何故か他の女性と結婚、子供までできて明治政府の役人となって小百合の元へやってくる。
そして小百合に家族の写真を見せ付けるという鬼畜っぷり。なんてこった!
謙さんがそうなるまでの苦悩とかも特別これと言って詳しく描かれるわけでもない。ここをちゃんとしてたらもっと感動なり何なりがあったんでしょうが、これじゃただのクソ男です。

そこはなんで?どうしてそうなった?っていうところが何一つわからんままこれまた無駄に壮大なエンディングを迎えてしまう。
感動させたい感満載ですが、そこに至るまでの経緯が残念過ぎて感動どころじゃなかった。
何なのこれ・・・

壮大なテーマと壮大な映像、壮大な音楽。
役者さんも良い人揃い。脚本が全てを駄目にしたかのような残念さ。勿体ないです。凄く勿体無い。

他の映画と変わらずひたすら耐え忍ぶ小百合。その姿はさすがにサマになってるっていうか耐え忍ぶのがとにかく上手い。
しかし年齢が!!これは別の女優さんを使った方が良かったんじゃないかねっていうか小百合使うの前提なら別の物語にするべきだったね・・・
耐え忍ぶ小百合の姿をファンが楽しめればそれで良いみたいな映画だった。

これも友人から先に聞かされていた、『トヨエツだけは無茶苦茶かっこいい』
確かに無茶苦茶かっこよかったです。トヨエツ万歳!!
もうこの映画はかっこいいトヨエツを観るための映画って事にしとけばいいよ。