「帰郷」1964年 日本

家族
1964年
監督:西河克己
出演:吉永小百合、高峰三枝子、芦田伸介、渡辺美佐子、高橋英樹、森雅之 他

キューバ革命の動乱のさなかで死んだと思われていた父が、10年の時を経て突然日本へ帰ってきた。
小百合は実の父・森雅之に会いたい気持ちと母・高峰三枝子への気持ちに挟まれ苦悩するが、会う決心をして父のいる奈良へ向かう。

モリマは何しに日本へ来たの?

…っていうのが最初の感想。元妻と娘の心を掻き乱すだけ掻き乱しといて、ひとりで納得してさっさと帰っていく。なんだそりゃ。

主演は吉永小百合ですけど、冒頭だけ見てたらキューバを舞台にした森雅之主演ハードボイルド映画でも始まりそうな雰囲気。それはそれで観てみたい。しかしこの後小百合が出てくるとはとても思えません。

白スーツのスーパーダンディモリマに向かっていきなり「あなたをいじめていじめぬきたい」とか言い出す渡辺美佐子ですが、結局のところモリマに惚れてるらしく銃声が響く中チークダンス。と、思いきや渡辺美佐子は自分の保身のためにあっさりモリマを裏切ります。
そしてモリマは殺され…た、ということになっていたんですが、実は生きていた。

死んだと思っていた父親が日本へ帰ってきていることを渡辺美佐子から聞いた小百合は動揺。小百合と渡辺美佐子は仕事関係の知り合いなんです。同じく高峰三枝子も、モリマのお友達・玉川伊佐男から報告を受けて激しく動揺。手の震えっぷりが尋常じゃありません。

小百合は日記帳に父モリマの写真を挟んでいる。
父に会いたい。が、自分が会いに行けば母や義理父・芦田伸介は果たしてどう思うだろう。
小百合は悩みますが、渡辺美佐子やお友だちの朴訥眼鏡くん高橋英樹に後押しされ、ついに会う決心をする。もちろん母と義理父には内緒です。

奈良での父娘の再会シーンで映画は一気に文芸ドラマ風味へ。宿のシーンはモリマがあまりに色っぽいんで良からぬ方向へ話が進むんじゃないかとか余計な心配をしてしまった。実の娘相手にフェロモン撒き散らしてどうするんだ?ずっと眼がうるうるしててエロ過ぎる(←褒めてる) そりゃ小百合も「好きです」って言うよ…

一緒にご飯食べてカバンの中身当てクイズなんかをした後、泊まっていきたいと懇願する小百合を駅まで送り、父娘はまた別れる。
と、思ったら今度は芦田伸介のところへ行って「母親の意見が一番じゃないですか」とお説教。更に今度は自宅へ電話をかけてきて高峰・小百合親子を再び動揺させます。
小百合はキューバへ戻るモリマを見送ろうと、空港へ向かうが…

最後は高峰三枝子も小百合も泣いてるし、モリマも切ない顔して帰っていくし渡辺美佐子も恨まれっぱなしで誰も幸せになっていないので、鑑賞後の気分はあんまり良くない。

小百合が母親と義理父のために思い悩む様子は後の耐え忍び系演技を彷彿とさせますが、若い時の小百合はふっくらしててやっぱり可愛いので、それで見てられる部分は大きいと思う。
ジョーカー感溢れる渡辺美佐子と、ヒーローヒーローしてない高橋英樹も好感触。「僕は時々無性に草を食いたくなる!」と言い出した時はびっくりしたけど。

法隆寺での父娘再会シーンのピリピリした緊張感も良かったし、睨みつけるような眼ばかりしていたモリマが徐々に優しいお父さんな顔になっていく様子も自然で良いんだよなあ。
思い返せば、いいところもいっぱいあるんだ。

でもやっぱり最後は「結局何しに来たんだよ」に落ち着くんです。