「地獄」1979年 日本





1979年
監督:神代辰巳
出演:原田美枝子、岸田今日子、田中邦衛、林隆三、石橋蓮司 他

手短にあらすじを書けと言われても無理な映画。
とりあえずキャストは豪華。

これ以上ないくらい林隆三がくたびれている

田中邦衛の妻である原田美枝子は、田中邦衛の姉・岸田今日子の夫である西田健と不倫の末、西田健の子供も身篭ってしまう。二人は山小屋へ逃げるが、原田美枝子が『あの人が追ってくる・・・私にはわかるの・・・』という言葉通りに拳銃片手に追っかけてくる田中邦衛。
西田健は田中邦衛に撃ち殺され、逃げた原田美枝子もねずみ獲りの罠にかかり(←早速突っ込みたい点)逃走失敗。しかし田中邦衛は原田美枝子を殺さず放置プレイ。様子を見に来た岸田今日子も原田美枝子の命乞いを無視して放置プレイ。

そして村人たちが見守る中、原田美枝子はなんと死んだ体で西田健の子供を出産!

死んだ原田美枝子は姦通の罪と、子を世に残して死んだ罪で地獄へ真っ逆さま。地獄のセットがとってもチープ。時代が時代だからね。
それにしても原田美枝子、もっと気をつけて歩けばあんなにトゲ刺さらないと思うよ。トゲとトゲの間隔結構開いてますよ。

その頃、村人たちは原田美枝子が産んだ赤ん坊を岸田今日子のいる本家へ届ける。
が、当然夫が不倫で孕ませた子供なんか受け入れられないという事で、他の子供と交換して育てる事にしたのだった。

時は一気に20年流れ。
何故かカーレーサーになっている原田美枝子(一人二役。20年前に死んだ原田美枝子の子供です)。レースの相手は石橋蓮司。
ところがレースが始まると突然原田美枝子に母が乗り移り、そのまま事故を起こしてしまう。車は西部警察の如く爆発大破してるのに原田美枝子は無傷。

そして母に導かれるようにして母の故郷へ向かうが、またもや母の声が聞こえ、なんと乗ってた電車の扉がいきなり開いて電車から落ちそうになり大ピンチ!偶然乗り合わせていた林隆三に間一髪で助けられる。
林隆三はとりあえず原田美枝子を自分の家へ連れて帰るが、その途中やたらヒルに噛まれまくる原田美枝子。ヒルって、噛まれると血を全部吸い出さないといかんのだよね。って事で林隆三が頑張って吸い出してあげるんですがどう見てもイチャイチャにしか見えない。

そして連れて来られた家には林隆三の母である岸田今日子が・・・
岸田今日子は原田美枝子を一目見て絶句。夫を寝取ったあの女がよみがえったかのようにやってきたのだ。

岸田今日子に母の形見の着物を着せられてフラフラしていると、地滑りだか地震に遭い崖から転落。そして今度はその辺で野良仕事してた石橋蓮司に助けられる。カーレーサーだったあなたが何故こんなところにっていう説明は一切なし。
母が乗り移ってた原田美枝子は石橋蓮司を誘惑してそのままイチャコラ。母が乗り移ってる時は男なら誰でも良いらしい。

石橋蓮司が連れて帰ったのはまたもや岸田今日子のいる本家。田中邦衛も現れ、かつて原田美枝子と交換された赤ん坊であり隆三お兄ちゃん大好きっ子な栗田ひろみも登場。
さあ、ごちゃごちゃしてまいりました。

登場人物を整理すると、原田美枝子の夫だったのが田中邦衛。その姉であり西田健の妻だったのが岸田今日子。西田健と岸田今日子の息子が石橋蓮司・林隆三兄弟。原田美枝子とは異母兄弟になるわけですね。そして実は血の繋がりがなかった妹・栗田ひろみ。
…で、合ってるよね…?死
不倫だの近親相姦だの何でもありという恐ろしい一族です。

異母兄弟とわかる前から惹かれあっていた原田美枝子と林隆三は事実を知り困惑するも、今更気持ちを止められない。
同じく、一度寝ただけで原田美枝子を好きになっちゃった石橋蓮司は二人がくっつくのが面白くない。そして隆三お兄ちゃん大好きだった栗田ひろみも、原田美枝子の存在が面白くない。
兄や妹や母に挟まれ、林隆三は早々にくたびれ果てている。かわいそうに…

もっとかわいそうな目に遭う栗田ひろみは、原田美枝子に例の形見の着物を着せられて歩いている途中、彼女を原田美枝子と間違えたバカな村人どもに犯されてしまう。
更に大好きな隆三お兄ちゃんに『実の妹じゃなかったのよ!!だから私を抱いてー!!』と迫るもののあっさり拒否されてしまい失意のどん底。更に更に、川でイチャコラしてる原田美枝子と林隆三を目撃。これでもかというぐらい痛めつけられます。嗚呼かわいそう!

最後は隆三お兄ちゃんの釜焼き場で焼身自殺。
火の中にいるっていうか体からボワっと発火しているように見えたのは気のせいだろうか。びっくりした。

さあ、原田美枝子はどんどん母に精神を乗っ取られていきます。母が使っていた三味線を岸田今日子がミイラ保存(!!)していた父・西田健の横でベンベンかき鳴らしてます。迫ってきた田中邦衛の両目を三味線の撥で切り裂き殺しちゃいます。

栗田ひろみの葬式で親族や村人から『この女が来てからみんな不幸にっている』と非難されまくる原田美枝子。
林隆三は『おまえ一人だけ地獄へ行かせるわけにはいかない』と原田美枝子と共に山小屋へ逃げる。それを拳銃片手に鬼の形相で追いかけてくる石橋蓮司。そういえば田中邦衛も拳銃もって追いかけて来てたね。さすが親子。

ところが地滑りが起き、石橋蓮司死亡。一緒に追いかけてきた村人全滅。
山小屋へ辿り着いた原田美枝子と林隆三はこんな時によせばいいのにイチャコラしてまたもや地滑りに遭遇。山小屋ごとジェットコースター級のスピードで落下してるのに余裕でイチャコラを続けるという離れ業を披露。そしてドリフのコントのように砕ける山小屋。
もう何でもありなんです。

近親相姦と殺人罪で、母と同じく地獄へ落ちた原田美枝子。そこには岸田今日子も田中邦衛も石橋・林兄弟もいる。栗田ひろみもいる。栗田ひろみって地獄に落ちるような事しましたっけ。どちらかと言えばかわいそうな人だったと思うんですけど。

この地獄の役人みたいな人が天本英世だったり浜村純だったりでかなり豪華なんですが、特殊メイクが凄すぎて誰が誰だかさっぱりわからない。
木の上で三味線ベンベンしてる原田美枝子を巡って木を登ってくる田中邦衛、西田健、石橋・林兄弟。ところが枝の先っちょについてる刃で全員ザックザクにされちゃいます。それでも登ろうとしてくる男たちの執念とみんなのメイクが怖すぎる。

田中邦衛と石橋蓮司はともかく、原田美枝子と運命を共にしてくれた西田健と林隆三まで同じようにザクザクにされてしまうのはもうなんつーか神も仏もないっつーか気の毒としか言い様がないっつーか。
ちなみに岸田今日子は石臼で挽かれてました。まさに地獄。

原田美枝子の最後の最後については敢えて触れないでおきますが、ラストシーンはぶっ飛び過ぎてお茶を吹いてしまった。
あれはどうゆう事なのか誰か私に教えて…

原田美枝子は終始ムダに悩ましげな声で大熱演。母と娘の演じ分けも素晴らしいんですが、内容が内容なもんだから逆に浮いてしまっていて熱演損。監督が日活ロマンポルノ撮ってた人なんでやたらと脱がされてますけど結構ムチムチしてるのね。

皆さんだいたい想像つくと思うけど岸田今日子と石橋蓮司も期待通りの怪演。田中邦衛は北の国からそのままやってきたみたいな感じで、こんな悪役はなんだか複雑。
最初から最後までくたびれていた林隆三には本当にお疲れ様でしたと言いたい。私はくたびれてる林隆三が大好物ですが、ここまでむごいと気の毒過ぎて言葉がでない。

とにかく最初から最後まで設定も展開も無茶苦茶で観てるこっちは何が何だかさっぱりわからん。一体何が言いたかったのだろう。
今だからこうして斜めな目線から観れるから良いものの、当時お金を払って劇場で観た人はどう思ったのだろうか。
ここまで観客置いてけぼりな映画もそうそうなかろう。本当に意味がわからなかった。