「舞台よりすてきな生活」2000年 アメリカ

友情


2000年
監督:マイケル・カレスニコ
出演:ケネス・ブラナー、ロビン・ライト・ペン、スージー・ホフリヒター

子供嫌いのピーターと、子供が欲しくてたまらない妻。
劇作家であるピーターはここ数年スランプが続いている。劇中に出てくる子供を上手く表現する事ができずに悩むが、ちょうどその頃、隣にエイミーという少女が引っ越してくる。

英国式コメディ的な

ケネス・ブラナーが最高です。
アメリカが舞台だけど、ケネス演じるピーターは英国人。そのえーこくえーこくしたユーモアが滲み出てて、イギリス好きさんにはたまらないんじゃないですかね。

子どもが嫌い、そのくせ自分自身はすごく子どもっぽい部分があるピーター。自分が作った劇中に出てくる子どもの表現に行き詰まり、隣に引っ越してきたエイミーという少女に近づく。
もちろん仲良くなろうなんて思ってません。あくまでも研究のため。

ところがピーターとエイミーは打ち解け、あっという間に仲良しに。

子供嫌いってのは私もちょっとそうなんですが、嫌いというよりは苦手なんだよね。慣れてないから、どう接していいのかわからない。
だけど一度打ち解ければ、そこからは早いもんです。
ピーターの子どもっぽい部分とエイミーと、すごく相性も良かったんだなと。

片足が不自由なエイミーに水泳やダンスを教えるピーター夫妻。エイミーもとっても楽しそう。
エイミーの母親はそれが気に食わず、ピーターに預けるのをやめてベビーシッターに預けたりする。
最終的にはその母親とピーターの怒鳴り合い。この怒鳴りあいが圧巻!

障害を持つ子どもに対して一番差別していたのは、実はこの母親。
でも気持ちはわからんではない。自分の子ども可愛さに、間違った方向に行ってしまうことだってあるよ。
ピーターの言葉が、あの母親に響いてくれてればいいんだけどね。

ピーターの奥さんは凄く綺麗でピーターを上手い事操ってる感じ。会話も面白くて、こうゆう夫婦可愛くて良いなあ。

夫婦間の会話に限らず、出てくる台詞が楽しくて飽きない。下品な言葉もたくさん出てくるんだけど(特にピーターと「ストーカー」の会話)、でも楽しい。

ご近所付き合いとは難しいもので。全く関わりを持たないというのもダメなんだけど、深く関わり過ぎても・・・この映画みたいな事になる。
私も結構、人付き合いは嫌いというか苦手で(私はピーターと似てるんだな)、難しいよなあ。でもピーターとエイミーみたいな関係を築けたら、素敵だよね。

それにしてもエイミー役の子はむちゃくちゃ可愛かった。