「宝石泥棒」1962年 日本





1962年
監督:井上梅次
出演:山本富士子、野添ひとみ、川口浩、船越英二、角梨枝子、菅原健次 他

山本富士子×野添ひとみペアと川口浩×船越英二ペアが「ヴィーナスの涙」を巡って繰り広げる泥棒喜劇。

@シネマヴェーラ「美しい女優・美しい衣装」特集

鏡をぶち割る船越英二の美声

とにかくこの映画は船越英二がよく歌っていて、美声なんだけど声がバカでかくて鏡がパーン!と割れたのは笑った。

先日のモリマ充遠征で「挽歌」「白い悪魔」「女房学校」と観てきましたが、そのついでというか、せっかく二本立てなんだから観ていこうと思って。
観て良かったですよ。とっても楽しかった!
前日の「白い悪魔」ではでっかい赤ちゃんキャラだった野添ひとみがこちらでは川口浩によろめくお富士さんを叱咤するしっかり者キャラ。

山本富士子は財閥のお嬢様、野添ひとみはお付きの女中…ってのは大嘘で、実はただの宝石泥棒。ホテルへ行く途中車が故障したことがきっかけで川口浩×船越英二ペアと出会う。で、こちらのコンビが本物の財閥のぼっちゃんとその付き人…ってのもやっぱり大嘘で、こいつらも実は宝石泥棒なのです。

お互い素性を隠しながら、角梨枝子の持つヴィーナスの涙を狙う両コンビ。ホテルのルームキーがあんなに簡単に盗めるシステムでいいの?と突っ込みつつ、どちらが先にヴィーナスの涙を掴み取るのか、やっと掴んだと思ったら偽物にすり変わってたり、そしていつお互いの正体がバレるかと、ちょっとドキドキ。
お富士さんが窓から窓へハイヒールでそろりそろりと渡るシーンは観てるこっちまで脚がすくむ!

泥棒モードと恋愛モードの切り替えがわかりやすくて、結構ハイテンポでワイワイと進んでいくんだけど頭こんがらがらずに最後まで観られるのが◎。
バカでかい黒縁メガネかけてちょっと抜けてる謎の男・菅原健次が最後にどんでん返しをやってのけます。角梨枝子の上品なのにどこかいけてないマダムも楽しくて最高。

お富士さんと川口浩の組み合わせって「女は夜化粧する」を思い出すんだけど、なんて見た目の釣り合わんコンビだろうかと思ったもんですが、これでは全然そんなことなかった。
川口浩が妙に男前に見えたし。川口浩の、何にも言わない時の視線が良かったんだよー。かっこいいのよ。

結局、ヴィーナスの涙ではなくあなたの心を盗んだんだというカリオストロの城みたいなオチでめでたしめでたし。

衣装特集ってことで、女優陣のコロコロ変わる衣装も楽しい!お富士さんのゴージャス衣装すげえ…と思ってたらポロシャツに白スカートなんていうカジュアル服も着てたりして、どれも似合ってしまうのがお富士さんの素晴らしさ。
それにしてもお富士さんのアップだけやけに多かったのは気のせい?ファンサービス?余談ですがこの日はほぼ満員じゃないかっていうくらいお客さん入ってました。平日の昼なのに!
それもほとんど年配の男性で、皆さんお富士さんか野添ひとみ目当てだったのかな…この日はお富士さん二本立てだったしね。

キャンキャン吠えてうるさいんだけどお茶目で可愛い野添ひとみも、男前な川口浩も、うさんくさいダンディ船越英二も、ボーナス欲しくてたまらない菅原健次もコメディエンヌな角梨枝子も、みんな安定感抜群で安心して笑っていられる。楽しい時間を過ごせました。