「風の輝く朝に」1984年 香港





1984年
監督:レオン・ポーチ
出演:チョウ・ユンファ、イップ・トン、アレック・マン

あらすじ


舞台は1941年、太平洋戦争勃発により日本軍の侵攻にさらされる晒される香港。
密航に失敗したフェイは日雇い労働で一緒になった若者と友人になるが、その友人の恋人を好きになってしまう。

3人は中国内地へ渡ろうとするが…

ネタバレビュー

反日映画なんでね〜。
日本軍の香港侵攻が背景となっておりまして、ここで描かれる日本軍の姿はそれはもう鬼畜のひと言に尽きる。日本人が観るにはちょっと酷な作品ではある。

しかしそれさえも霞んでしまうほどの…なんつーかな、若者たちの、瑞々しくて眩しい青春っていうんですかね。メインの3人がほんとにキラキラ輝いてるんだよ。
そんでもって邦題が素晴らしいよね!これを付けた人が素晴らしい。

ジョン・ウー作品のイメージが強いチョウ・ユンファですが(私もそれではまったクチ)この映画のユンファはごくごく普通の青年を初々しく演じていてとても良い。
ユンファは友だちの恋人に片想いしてるわけですが、その秘めた想いがひしひしと伝わってきて大変胸が熱い。キスシーンが素晴らしい。素晴らしいの他に言葉が思い浮かん。

私が観た時は日本語字幕付きのDVDが廃盤になってました。
で、仕方なく字幕なしのものを観たわけですけど、字幕なしでも充分わかるんですよ。話がわかりやすいというのもあるけど、役者さんたちがうまかったんだ。上手くて演技が素直なんだ。ユンファがまた良い顔するんだわ。

そしてのこの3人の青春をぶち壊した日本人が、同じ日本人ながら憎く思えてしまう。
このあたりの発言は非常に難しいわね…まあ何だ、戦争ドラマは他にもたくさんあるけども、いろんな国の作品を観るってのは大事だと思う。いろんな視点から観て考えるべきかと。
そうゆうことも、未来に繋がっていくんじゃないかなあとか思うわけです。

 

しかしそれ以上に、友情とは何であるかを考えさせてくれる作品です。
自分は友だちをこれほど想うことができるだろうか、と。
映画から学ぶことはたくさんあるね。

日本軍の日本語がもろにカタコトで萎えるけど仕方ない。

 

チョウ・ユンファと言えば劇団ひとり!って昔はよく言ったもんですが今はそんなに聞かなくなった…ような気がする。
しかしこの作品は特に似てるんだなあ。最初見た時びっくりしたな。