「二十四時間の情事/ヒロシマ・モナムール」1959年 日仏合作

ラブストーリー
1959年
監督:アラン・レネ
出演:エマニュエル・リヴァ、岡田英次 他

ジャンルでは反戦映画と言えると思うんですけど、久しぶりに「全て観客の感性に委ねる」的な作品を観た気がします。感性というか想像力というか。理解するというものではないなと。

冒頭、薄暗闇の中で抱き合う灰にまみれた肌というインパクトのある映像が流れます。広島で出会い惹かれあった男女の1日がここから始まり、そうゆうことで邦題が「二十四時間の情事」ってことなんですが、タイトルだけ見たら完全に18禁ですね。ヒロシマ・モナムールのままで良かったのにとも思う。
肌を包み込むこの灰は、二人の会話から言って原爆灰ということになりますが、後になって実はもうひとつ別の意味があることがわかります。岡田英次が連発する「キミは何も見ていない」の意味も。

広島の原爆で家族全員を亡くした傷を持つ男・岡田英次。岡田英次はなんで助かったかというと、出征してたからなんですね。終戦で戻ってきたら家族みんないなくなってた。
今は建築技師をしていて(政治家でもあるらしい)フランス語はペラペラ。

対するエマニエル・リヴァはフランスの女優。彼女は戦争中、ドイツ人兵士と恋に落ちていて、フランスとドイツは敵同士でしたから禁断の恋愛です。ところがヌヴェール解放前日にドイツ人兵士は撃たれて死亡。リヴァはショックで気がおかしくなった上に敵であるドイツ人兵士と付き合っていたことがバレたため、自宅の地下室に閉じ込められてしまう。

やがて彼女の母親が夜のうちにパリへ行きなさいと、リヴァを送り出してくれる。たどり着いたパリで目にした新聞に載っていたのが、広島に原爆が落とされたというニュースだった…というわけです。

女優になったリヴァは映画の撮影で広島を訪れていて、広島で原爆の資料館や病院を観て回るうちに、広島の街と故郷ヌヴェールを重ね始める。目の前にいる岡田英次のことも、どうやら岡田英次としてではなく、かつてのドイツ人の恋人と完全に混同してしまっている模様。

実際、エマニエル・リヴァは本作の撮影に入る前に広島の街や人々を写真に撮っていて、その写真で数年前に個展も開いたそうで。その時の動画がYouTubeに出ているので興味があれば是非。映画のタイトル名で検索すればすぐ出てきます。余談ですが、これにチラッと映る岡田英次のスナップ写真が超男前です。←余談と言いながら強調

岡田英次、そして広島と共に過ごすうちに、彼女が忘れ去り灰としたはずのヌヴェールの記憶が蘇ってくる。結婚した夫にも話していないこと。それを知った岡田英次は「僕だけが知っている!」と大喜び。その気持ちはわからんでもない。でも岡田英次も、「僕は死んでるのに?」とか言ってドイツ人の恋人になりきって相手をしてるのがちょっと切ない。

誰にも話してこなかったことを話してしまった。それはつまり、時を経て辛い記憶がただの思い出と化しているということでもある。「こんなこともあったのよ」みたいな。
人って忘れる生き物で、忘れてしまえば同じ過ちを繰り返すこともある。禁断の恋であんなに辛い目に遭ったのに、今度はこうして不倫してるんだから。
あの忌まわしい戦争だって経験者が次第にいなくなり、そしてまた繰り返してしまうのかもしれない。

戦争と男女の愛を通して、忘却とはなんぞやということを考えさせられる、そんな映画でした。
ちなみに主役二人の劇中での名前は一切明かされず、その理由もラストでわかる。このラスト素晴らしいですよ。なんとも言葉にできない余韻に浸れます。

フランス語ペラペラの岡田英次。岡田英次ってフランス語できるんだ!凄いなあ…って思ってたらそうではなく、フランス語なんかひとつもわからないので「音」として耳で覚え、丸暗記したそうです。それはそれで凄い。あの響く低音で発せられるフランス語はエロい。エロいぞ。

いなくなったと思ったらどこからともなく現れて「広島に残ってくれ!」と迫ってくるストーカー的雰囲気も漂わせていてちょっと笑ってしまうんだけども、これだけかっこよかったら相手がストーカー化する前にコロっと落ちますよ…
岡田英次、今まではゴツいという印象しかなかったというかそんなに気にして見てなかったんですが、どうも近頃ハマってます。肉感的な色気を感じるんですな。超美人エマニエル・リヴァと並んでも見劣りしない美しさかっこよさがある。抱き合ってても違和感がないですからねえ。

エマニエル・リヴァは非国民として髪を刈られたりするシーンもありますが、ボロボロの坊主になってもベリーショート的可愛さがあって、やっぱり美人なのです。本物の美人はどんな髪型になっても美人であるという素晴らしい例。