「春の雪」2005年 日本

ラブストーリー

2005年
監督:行定勲
出演:妻夫木聡、竹内結子、高岡蒼甫、大楠道代、榎木孝明、若尾文子 他

あらすじ


時代は大正初期。舞台は東京。
共に華族であり幼馴染でもある清顕(つまブッキー)と聡子(竹内結子)は、お互い両想いでありながらもあと一歩を踏み出すことができずにいた(←主に清顕のせい)
清顕がもたもたしているうちに聡子は宮家の子息である洞院宮治典王に求婚されるが…

三島由紀夫の同名小説を、世界観そのままに映画化…とのことですが私は原作は読んでませんので、その辺の知識はゼロで観た上での感想です。ご了承ください。

ネタバレビュー

観始めて早々に清様ブッキーのキャラを受け付けられなくなったのでかなりきつい2時間だった。
何がいけなかったって、清様をブッキーが演じるというのがいけなかったんじゃなかろうか。ブッキーが悪いんじゃないよ。ブッキーが悪いわけじゃないのは声を大にして言いたいですが。でももっと冷徹そうでふてぶてしい雰囲気のある人だと良かったのに。ブッキーはもう根っから性格良さそうな好青年臭がプンプンするもんだからどうにも違和感があって入りこめなかった。

二つ上の竹内結子と姉弟同然のように育てられたブッキー。大人になったらいつかは結婚するんじゃないか・・・というような関係。
ところがブッキーは金持ちのボンボンにありがちな高慢ちきな男に育ち、女と付き合った事もないし言うことなすことお子ちゃまで私だったら絶対こんな男は嫌だが竹内結子は惚れてるので仕方ない。
竹内結子はそれとなく思わせぶりな態度を取るが、ブッキーはああでもないこうでもないと言いながら突っぱねる。『俺は遊郭に通ってるんだぜ』的な事を書いた手紙(←もちろん遊郭に通ってるなんてのは嘘)を送りつけたり、お友達の高岡そーすけとわざとくつっけようとしたりして竹内結子を傷つけるような事ばかりする。
で、毎晩竹内結子が棺桶に入ってる夢や自分が棺桶に入ってる夢を見ては飛び起きている。バカなおぼっちゃまだ。

そうこうしているうちに及川ミッチーが軍服コスプレで登場!

さあ、いくらブッキーが上流華族のおぼっちゃまとはいえ皇族には敵わない。
どうして良いかわからないブッキーおぼっちゃま。竹内結子が切々と書いた手紙が送られてくる度に中も見ずボウボウ燃やし、挙句ビリッビリに破ったりする。
そんな事してるもんだから竹内結子とミッチーの縁談はどんどん進みます。お気に入りの洋楽レコードを竹内結子に聴かせてドヤ顔のミッチーは今にも『ベイべー』とか言い出しそう。
それにしても軍服が似合いすぎてね…最高やね。

ギリギリのところまで来てブッキーの暴走開始。竹内結子の侍女・大楠道代に『結子からの手紙をばら撒かれたくなかったら結子に会わせろ』と脅し、竹内結子と会う場をセッティングしてもらいめでたく初イチャコラ。約束は果たしたから手紙を返せと言う大楠道代に対し『嫌だ』とはね退けるブッキー。そういえば手紙は全部燃やしちゃったのよね。
そんなブッキーに対し『手紙を返してくれるまでお会いしますわ』とか答える竹内結子。

ブッキーと竹内結子の密会が始まります。
ブッキー、ふんどし一丁になったりして体張ってました。まさかの裸にサスペンダーは茶を吹いた。
それに対し、頑なに脱がない竹内結子。別にいいんだけど。

当然の事ながら二人の幸せも長くは続かず、竹内結子はブッキーの子を妊娠。
あれだけ励んでたら1回くらいヒットしててもおかしくはない。

妊娠が周囲にバレてはまずいです。産むわけにもいかない。ブッキー家と竹内結子両家話し合いの結果、子供を堕ろす事になる。竹内結子は『堕ろすから最後にブッキーに会わせて』とお願いするが聞き入れてもらえず。執事の計らいで竹内結子が旅立つ列車にかけつけるブッキーだが、突然別れだけを告げられ困惑。お父さん・榎木孝明に『どうゆう事だ』と迫る。
榎木孝明がまた口髭似合いすぎ華族似合い過ぎで役にはまり過ぎ。品があって素敵です。そんな素敵な榎木孝明、ブチ切れ鬼の形相で息子の顔面をボッコボコに殴る。あああ、ブッキーのきれいなお顔が…!
そしてブッキーは初めて、竹内結子が妊娠し、堕胎するために東京を離れた事を知るのでした。

堕胎した竹内結子は尼さん・若尾文子の下を訪れ、勢いで剃髪&出家。
それを知ったブッキーは病に冒された体にムチ打って寺の周りをウロウロする。ゲホゲホ咳き込んで血を吐きながら階段を登っている。女は潔いけど男はズルズルと引きずるんですな。
お友達の高岡そーすけがあんなに冷たい事言われたり利用されたりするのにほんと良い子で、わざわざ東京からかけつけて助けてくれたりするんだけど結局竹内結子と会う事は叶わず。
帰りの列車の中で、ブッキーはついに息耐えるのだった。

っていうお話なんですが、そもそもブッキーがもうちょい大人だったらこんな事にはならなかったし、会える時はぷんすかして会わなかったり、駄目となったら暴走したりで運命がどうこうっていうより自業自得としか言い様がない。
高岡そーすけや竹内結子に『ガキ』だの『子供』だの言われてるけどほんとにその通りで、おバカ過ぎて観ていてあまりにもイライラしたもんで、竹内結子が妊娠したあたりからもう観るのやめようかと思ったよ。
竹内結子も竹内結子で自業自得です。自分らの思いのまま好き勝手やった結果です。
って思っちゃったもんだから、悲恋で切ないとかそうゆう気持ちにはなれんかったです。

これはこの映画がどうこうって話じゃないですね。
たぶん原作自体が…読んでもたぶん、感想は同じなのかなと思う。

しかし映像は文句なしの美しさ。
大正時代の華族たちの住む世界に引き込まれます。ちょっとほかの時代にはない、大正の浮世離れした感じが出ててとても良かった。竹内結子の衣装もきれいだった、っていうか竹内結子がきれいだった。年齢的にちょっとムリしてる感はあったけどまあいいじゃない。
大正は個人的に好きな時代なので、この点では本当に満足です。

ところが。

エンドロールで流れる宇多田ヒカルの歌で瞬時に現代へ引き戻されてしまうという悲劇!!
嗚呼ぶち壊し!!

宇多田ヒカルが悪いわけじゃないんだよ。宇多田ヒカルの歌は好きだよ!
この曲だって単体で聴けば好きな曲よ。しかしこの映画には全く合ってないんだよ…曲調がね…。
キャラとストーリーにイライラしつつも映像に魅せられていた部分で救われていたので、最後の最後で撃ち落されたような気分になった。
長い長い2時間だった。

ブッキーのおばあちゃん役で岸田今日子が出ていた。
相変わらず何考えてるかわかんない感じで怖い(褒めてる)