「妖星ゴラス」1962年 日本

SF・特撮


1962年
監督: 本多猪四郎
出演:池部良、上原謙、志村喬、久保明、白川由美、水野久美、平田昭彦、西村晃、小沢栄太郎 他

地球の6000倍の引力がある妖星ゴラスの地球衝突を避けるため、地球の軌道を変えてしまおうというとんでもないお話。
特撮監督は円谷英二。

おいら宇宙のパイロット♪

この豪華キャスト!特撮東宝の本気っぷりが伺えます。
単純明快なテーマとわかりやすい話運び、前半にイヤというほど聴かされるマヌケなパイロットの歌。池部良と白川由美の軽いロマンスも有り。お色気シーンはまあそこそこに…って感じで、子どもから大人まで家族で楽しめることでしょう。たぶん。

宇宙の遥か彼方から飛んできた妖星ゴラス。地球より小さく、しかし引力は地球の6,000倍もある。宇宙船隼号がこのゴラスに吸い寄せられそのまま衝突してしまったところから話は始まります。

ゴラスの引力は地球の6000倍ですから、地球に近づいただけでも地殻変動が起きて大変な被害が出ます。衝突すればもちろん人類は滅亡。
しかしそれでなんで地球の軌道を変えるなんてことになったのかというと、ゴラスの方の軌道は変えられないし爆破もできないという結論に達したからなんですが、だからと言ってそれを実行しようってなるところが凄いと思うんですよ。もちろんみんな大真面目で。

地球規模の危機ですから、日本が呼びかけて世界中が一致団結します。素晴らしい!みんなで力を合わせて南極に噴射口とエンジンを作りまくるのです。地球をロケットみたいにするんですね。これで地球をむりやり動かそう!っていう…うーん、やっぱり凄い。

噴射口作ってる間にもどんどん近づいてくるゴラス。しかも最初よりデカくなってる。どうやら他の惑星を吸収しながらどんどんサイズアップしていたようです。引力も更にパワーアップ。乗組員の久保明は作業中のショックで記憶喪失に。久保明は「高校生で発育が止まってる」とか言われてて笑う。成長じゃなくて「発育」なんだね…

噴射口のエンジンが無事稼働し、地球も動き始めてお祝いムード。だけど機械がひとつでもダメになればおしまいだなんだと言ってるところへ、いきなり巨大セイウチ怪獣が登場!笑
このセイウチの慌てて作りました感。上層部からむりやり怪獣出せとか言われたんだろうか…
エンジン稼働後最大の危機なのに「セイウチの一部でもいいから標本にして持って帰りたい」と言い出す志村喬。そんな志村喬を止めて逃げる池部良と上原謙。この絵面なんとも言えません。
そしてあっさりと殺されるセイウチ。何しに出てきたんだ…

ラストは一大スペクタクル災害映像でめたしめでたしで終わりますけど、この後地球を元に戻すのがまた大変だし、完全に水没した東京を眺めながら「また新しい東京を作るのさ♪」とか言いながらみんなでアハハハって笑っててびっくりした。明日の生活にも困りそうな状況なのになんて前向きで明るいんでしょう。見習いたい。

度々登場する池部良と上原謙のツーショットは個人的にウキウキでした。
小沢栄太郎と西村晃は政治家似合いすぎ。