デコ✕モリマ初顔合わせ『グッド・バイ』

1949年
監督:島耕二
出演:高峰秀子、森雅之、斎藤達雄、若原雅夫、江川宇礼雄 他

スーパー女たらしのちょびヒゲ編集長・森雅之が方言丸出しだけどちゃんとすればめちゃ美人な高峰秀子に妻のフリをさせ、金持ちの令嬢と結婚するために女たちと次々手を切っていくラブコメ。
女たちも美人の妻を見てしまえばすんなり諦めがつくであろうと、そういう魂胆です。

正式なタイトルは『女性操縦法 “グッド・バイ”より』
原作は太宰治の遺作ですが、元々はデコちゃんの出演を前提として太宰に執筆を依頼したものだそうで、ところが書いてる途中で太宰は亡くなってしまうので半分原作、半分オリジナルみたいな仕上がりになってます。
そのせいかわからないけど、撮り方が雑というか、場面の繋ぎ方も雑というかね…

これは結局、モリマの愛人してるデコちゃんの親友からデコちゃんに相談があり、デコちゃんの方からモリマに仕掛ける、と…最初からそういうことで話が進まないとおかしいような気がするんですよ。そうなってないので、終盤の展開でどうも納得いかなくなっちゃう。見終わってもスッキリしない。
そういうことで、映画としての完成度はお世辞にも良いとは思えなかった。コメディとしても中途半端で、劇場内も滑ってる空気がちょっと漂ってましたが…デコちゃんとモリマの息ピッタリな掛け合いでなんとか乗り切れたなぁという印象。

ズーズー弁で大食いの担ぎ屋なデコちゃんは見てるだけで楽しいし(偽妻モード時の美貌とのギャップ!)、無言→ズーズー弁への切り替えが鮮やかで個人的にはそこが一番の笑いどころ。クラーク・ゲーブル風味なモリマもコロコロといろんな表情を見せてくれてファンとしてはその点大満足。「狼になっちゃうぞ」とか言いながらデコちゃんに迫るモリマは必見ですが、冒頭で清川玉枝に迫られるモリマは何だか見てはいけないものを見てしまったという気分になった(笑)

デコちゃんとモリマはこれが初共演とは思えない名(迷?)コンビっぷりで、この後『浮雲』まで共演がなかったのが残念でならない。というかこのふたりが数年後に『浮雲』のあのふたりになるってのも凄いんだけど…その後は愛人関係がお決まりで成瀬映画の常連コンビとなるわけですが、このふたりで普通に楽しいラブコメをもっと観たかったな。

※デコちゃんに避けられて頭からふすまに突っ込むモリマも必見です