「真珠の耳飾りの少女」2003年 英・ルクセンブルク合作

ラブストーリー
2003年
監督:ピーター・ウェーバー
出演:スカーレット・ヨハンソン、コリン、ファース

舞台は1660年代、オランダ。
タイル絵師の娘・グリート(スカーレット・ヨハンソン)は一家の家計を支えるため、フェルメール(コリン)という画家の家で住み込みで働き始める。
ある日フェルメールのアトリエの掃除を命じられたグリートは、置かれていた絵画の美しさに強く惹かれるが…

視線の色気がたまらないのよ

ヨハネス・フェルメール。
この映画のモデルにもなった青いターバンを巻いた少女や、レースを編む少女の絵が有名ですね。
私もフェルメールの絵はとても好きで、昔フランスに行った際にルーブル美術館で本物観てきました。
まさかこのフェルメールの役をコリンがやることになるなんてね。

超子だくさんで居場所がない。万年妊娠してますみたいな奥さんはキツめな性格でコリンは頭が上がらない様子。
更に家族の誰もが芸術に理解がないっていう…まあ家族に理解されないのは芸術家あるあるかもしれませんが。

そんなところへ、自分の絵に興味を持つような、独特の色彩感覚を持っていそうな若くて美人な女子がやってくるわけで、コリンがヨハンソンに惹かれないわけがないっすね。
コリンはヨハンソンに絵の具の調合の手伝いまでさせ始め、もはやただの主人とお手伝いさんの関係ではなくなっていきます。
ふたりの間のただならぬ雰囲気&ふたりの間を流れるただならぬ色気に、当然家族も感づき始める。

 

全体的にとても静かな映画です。
1シーン1シーンが、まるで絵を観ているかのような錯覚に陥るほど、とにかく映像が美しい。
それこそフェルメールの絵を観てるみたいで。

グリート役のヨハンソンは、絵の中の少女にほんとによく似てる。
というより、どんどん似ているように見えてくる。

ヨハンソンとコリンの間に流れてる空気がね、やらしい絡みがあるわけでもないのにとてつもなく官能で。
プラトニックの極みと言いますか。コリンがヨハンソンの耳にピアスの穴を開けるシーンなんて、まさしくそれですけど。このシーンはすごい色気だったな。

お互い自分の想いを伝えてたりするわけでもないのに通じ合っているあの感じ。
惹かれあっていく様子が、説明も台詞も何もないのにひしひしと伝わってきます。
お互いの目が語っているわけですよ、あの目が!コリンのあの目が!!←黙れ
この映画のみどころはこれよ。

真珠の耳飾りの少女という絵を初めて見た時、まるで見つめられてるようで不思議な気持ちになったのですが、この映画を観てなるほどと思いました。
あの視線の先にコリンのあの顔ですよ。いえ、これはもちろん作り話で実際はどうだったのか知りませんけど、でも本当にこんなエピソードが隠れてたのかもしれないよね。

そして、常に妊娠してるかキレてるかって感じのフェルメールの奥さん。
最後のブチギレっぷりは凄まじい。

映画自体はどうかというと、観る人を選ぶ作品だと思います。
ゆったり流れる物語は、悪く言えば単調。絵に興味なかったり単調なものが好きなでない人は、途中で寝るかも。
全体的に結構ピリピリしたムードが流れてて、そうゆうのが苦手な方にもオススメできません。

音楽は良かったですよ。サントラ買っちゃったよ。