「銀色の雨」2009年 日本

友情
2009年
監督:鈴木貴之
出演:賀来賢人、前田亜季、中村獅童 他

鳥取県米子市。
高校生の和也は家を出て、新聞配達店で住み込みのバイトをしていた。しかし店主と衝突し、そのまま店から逃走。米子駅の前でスナックに勤める知人の菊枝に偶然出会い、彼女のマンションに転がり込んだ。さらに翌日の夜には、米子出身のプロボクサー・章次も菊枝の部屋にやってきて・・・

サンドウィッチマンと大島優子が収穫

ネットでサンドウィッチマンのコントを見漁ってる時に、偶然この映画の存在を知りました。

父親を早くに亡くし母と二人で暮らしてきた和也。
陸上の大会が迫っているのにタイムが伸びず、母の再婚も決まりそうで毎日をイライラして過ごしている。
家を出て住み込みで新聞配達をしているが、ある日集金の計算が合わないと叱られ喧嘩になり、新聞屋も飛び出してしまう。

思いつきで東京へ行こうと思い立つが終電に乗りすごし途方に暮れているところで、偶然幼馴染の菊枝が現れる。
菊枝はタクシーに同車していた店の客(引越しのサカイの人?)にしつこくせまられ和也は助けようとするが歯が立たない。そこへまた偶然現れた章次に助けられ、それが縁で菊枝のアパートでの3人暮らしが始まる。

話が進むにつれて、登場人物の繋がりと背景が徐々に見えてきます。
和也と章次の関係、菊枝と和也の母親との関係・・・・

タイトルに『雨』と入ってるだけあって、ひたすら雨が降っていて主役3人はやたら雨に打たれている。
ちょっとしつこいくらい雨に打たれている。

私はどの人物にもあまり共感する事ができず。
メイン3人は描写が半端な印象で、トントンと話が進みあっさり終わってしまった感じ。

特に菊枝の『地球が泣いている』は意味がわからず正直『・・・???』だったし、飼っていたネコが死んだ時にパニックを起こして和也と章次に八つ当たりし猫はそのまま放置して(お墓は和也と章次で作っていた)ふさぎ込むあたりで一気に冷めてしまった。
あれじゃほんとに一人じゃ寂しいからその穴埋めに一緒に居ただけみたいじゃないか。
同じくペットと住んでる身としてはいただけない部分でした。

テーマは『今は雨ばかりで鬱々していても、いずれ春がやってくる』という事なんだろうと解釈しましたが、あまり説得力なかったなあ。
登場人物に感情移入できるかどうかでこの辺はだいぶ変わってくるんじゃないかと思います。

和也に片思いする同級生の女の子役がAKB時代の大島優子なんですが、意外に感じが良かった。あのどこにでもいそうな自然体な感じが良かった。
中村獅童はボクサーの役ならもっと体作った方が良かったんではないかね・・・
ボクシングやってるとこはラストにちょっと出てくるだけですが、とてもボクサーには見えん。ちなみにボクシング指導は輪島で、映画の方にもちょろっと出ている。で、割と自然なお芝居をしている。笑
地味系の日本映画って脇が光ってる作品多いよね。

目当てだったサンドウィッチマンはチョイ役ですが、伊達は軽トラ似合いすぎでしょうよ。
トミーは和也の母親の再婚相手という設定。和也との距離を縮めようと朝一緒に走ろうとするも追いつけず溝にはまってたり、写真を持って一生懸命和也を探したり、優しそうで気弱そうで尻にしかれてそうな雰囲気プンプンでやたら可愛い。

サンド、何故キャスティングされたのかは謎ですが自然で良かったです。
トミーはコント見てても思うんだけど、お芝居結構いけるよね。声も良いしね。