「ヒトラー〜最期の12日間〜」2004年 独・伊・墺






2004年
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ 他

1945年4月20日。
ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリンで、ヒトラーとその側近たちは総統官邸の地下要塞に避難していた。敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状を悪化させてゆく。狂気の独裁者を前に、選択を迫られる側近たち。そんな一部始終を間近で目撃していた秘書のユンゲは、ヒトラーから遺書の口述筆記を依頼され・・・

ブルーノ・ガンツ怪演

ヒトラーの空耳動画ってのがありまして、あれほんと笑っちゃうんだけど(「鯛が食べったーーーい!」で毎度笑う)あれの元ネタはこの映画で、もちろん笑える映画ではない。

ブルーノ・ガンツ、なんて素晴らしいの!ヒトラーが乗り移ったかのような怒鳴り、表情、動き、狂いっぷり、素晴らしい!
しかしこの映画の主人公はこのヒトラーではなく、周りの側近や秘書だと思う。
自暴自棄になって酒を飲んで遊ぶ者、逃げようとして殺される者、最期まで統帥に忠誠を誓い自害する者。
ヒトラーとこの側近たちを、ヒトラーの秘書であったユンゲの視点からドキュメンタリーっぽく描いています。

ナチス物なんだからそりゃ明るい話なわけがないんだけど、観終わった後のぐったり感がすごい。ユンゲは生き延びるからまだ救いはあるものの、このバッタバッタと人が自害したり殺されていったりする様は観ていてとにかくキツイ。
手抜きされてるシーンはひとつもなく、まるで自分がそこにいるかのような臨場感で息が詰まりそう。どこを見ても完璧。そして何度観ても、夢中になる。

とち狂ったヒトラーばかりが描かれているわけではなく、別にヒトラーを擁護するわけじゃないですが人間としての温かさを持った一面も描かれているのがミソというか。秘書たちにはとても優しかった。子供たちにも。
こうゆう面を敢えて描いているからこそ、ヒトラーの追い詰められた狂気を一層際立たっていると思う。

ユンゲも実在する人物のうちの一人で、年老いた彼女本人が映画のラストに出てきます。
そこでこう言います。『私たちは何も知らなかった』と。

そりゃ知らんでしょうね、ずっと地下にいたんだから。
でも知らなかったで済まされる事じゃないからなぁ。