「誰も守ってくれない」2009年 日本

サスペンス

2009年 日本
監督:君塚良一
出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介 他

あらすじ


小学生姉妹の殺人事件が起き、佐藤浩市は加害者側の保護を命じられる。
離婚直前の妻と娘と旅行をするため休暇を目前に控えた佐藤浩市は渋々任務につくが…

加害者の家族という立場にある少女を軸に、マスコミの執拗な取材の必要性やインターネットの普及がもたらす影響にもスポットを当てた社会派ドラマ。

ネタバレビュー

まずオープニングが素晴らしい!
逮捕状を持って容疑者の家へ入っていく警官、突然の事にとまどう家族、容疑者である兄の妹が学校で普通に友達と戯れている様子をリベラの曲に乗せて映し出し、妹の生活がこれから一変していくんだという焦燥感。
このオープニングで一気に引き込まれました。

 

ところがどっこい、その先は非常に微妙な…
エンタメ要素を盛り込み過ぎて、かなりぶっ飛んでしまった印象。

佐藤浩市は過去の事件がきっかけでPTSDを患っている刑事である。
逮捕された兄の妹である志田未来の保護を担当することになり渋々引き受けます。容疑者の家族はマスコミから責め立てられて追い込まれて自殺するケースがあるから、という事でね。

で、部下の松田龍平に運転させて志田未来を連れて逃げるわけですがここで踊る大捜査線かあぶない刑事かっつーレベルのカーチェイスを披露。
マスコミ側の佐々木蔵之介も「あの刑事見覚えがある」とか言ってしつこく追いかけ回してくるんだけど、それだけの理由でここまで追いかけるのかね…

蔵之介に後をつけられ行き先に困った佐藤浩市はとりあえず自分のアパートで志田未来を匿うことに。
そこへ謎の女・木村佳乃登場。『ウィー』とかなんとか、よくわからないフランス語と日本語を混ぜて喋りかけてきたりして志田未来じゃなくても『なんだこいつは』である。
どうやら佐藤浩市の主治医らしいのだが、主治医と患者が家を行き来できるほど親しくなるのはいかがなもんかと。

で、その間になんと志田未来のお母さんは自宅のトイレで自殺してしまう。あんなに警官だらけの家で!
娘をあんなに保護するなら母親だって保護されて当たり前だし見張り的な人が付き添うと思うんだが何やってんの警察…
それを志田未来に伝えなきゃいけないんだけど、木村佳乃も佐藤浩市もなかなか言い出せない。
が、志田未来の彼氏が電話をかけてきて母親の自殺を喋ってしまう。未来大パニック。

さらにそこへしつこく追いかけてきた蔵之介が登場。蔵之介は佐藤浩市の自宅の住所まで調べて追いかけてきたのだ。
しつこすぎる。そして怪しい。この男何かあるんじゃないか臭がプンプン。
ちなみに蔵之介と共に行動しているのは東MAXだ。ニット帽被ってるから最初誰だかわからんかったよ。

仕方なく予定していた家族旅行(佐藤浩市は家族と別居中でアパートに一人暮らしだったのね)も中止し、志田未来を連れて東京を出ます。
行った先は、家族で訪れる予定だったペンション。
このペンションのオーナーがギバちゃん&石田ゆり子夫妻。この頃の石田ゆり子は昔から変わらないし今とも全く変わらないし肌の細胞とかどうなってるんだろうか。

実はこの夫婦、佐藤浩市が過去に関わった事件の「被害者」
佐藤浩市が逃してしまった殺人犯に、自分たちの子どもをナイフで刺殺されたのだ。

最初こそ明るく佐藤浩市を迎え入れてくれたが、ネットで志田未来の兄が殺した子どももナイフで殺されたと知るや否や『出ていってくれ』と激怒。
『死んだ子どもはもう帰ってこないのに警察は加害者の子どもを守るのか』

このネットの書き込みの描写も常軌を逸してる感を醸し出しててまあなんとも言えない。
2ちゃんねるっぽい巨大掲示板に志田未来や佐藤浩市の個人情報、ペンションの住所まで盛大に晒らしオタクがキーボードガチャガチャ打ってるあの映像はもはやホラー。
佐藤浩市の妻と子どもがいる自宅にもマスコミが押し寄せてんやわんやである。

これからこんな世の中になっていくんだぞっていう忠告だったんだよな、っていうのは今だから思う。
その通り、何かやらかせば一般人でも即ネットに個人情報を晒されるのが当たり前の時代になってしまった。

で、その普段引きこもってる系のオタクたちがこぞって写真を撮りにわざわざペンションまでやってきた。

どうやらペンションの住所は志田未来が彼氏に教えて、その彼氏がネットに投下した模様。
未来も喋っちゃダメじゃんと言いたいところだけど兄が殺人容疑で逮捕された上に母親は自殺するし、まだ15歳の子どもである。ヤケクソになっても仕方ない。
この彼氏が声変わり前なのか知らんけど声が気持ち悪くてどうにも受け付けなかった。未来はこんな奴の一体どこが良かったんだ…

彼氏は未来をペンションから連れ出すがこいつがほんとにとんでもなくて、未来を盗撮してニコニコ動画みたいなサイトに晒すという最悪の行為に出る。ネットオタク歓喜!
そこへ佐藤浩市がババン!と登場しカメラを破壊して「おまえこんなことされてんだぞ」と言わんばかりに彼氏のパソコンを未来に見せる。未来呆然。

と、ここでいきなりオタクたちが乱入!
『この機材高かったんだよ!』とか叫びながら佐藤浩市に暴行。このオタクたちがまたやり過ぎオタクファッションですっかり萎えた。あんなのコミケ行ってもなかなかおらんぞ。
というかこの映画に出てくるオタクたちはやたらと行動的だ。見習いたいくらいだ。

結局『頼れるのは佐藤浩市だけなんだ』と気付いた未来は事件当日のことを話し始める。
兄は自分に助けを求めていたが、自分は何もできなかった、と。兄は親に勉強させられまくった影響で部屋に閉じこもりがちになっていたのだ。
スパルタ母さんだったのか?と思ったが母が自殺した時の未来の反応を見るとそうでもないのか…
おそらく兄の方がデキが悪くて、極端に厳しくされてたんじゃないのかね。兄妹で接し方に差がついてしまっていたのかな。

で、未来は兄に何もしてあげられなかったので、兄を守るためにここまで何も喋らなかったのだと。でもどうして兄が殺人にまで及んだのかどうかは結局不明。

で、佐藤浩市はまだ15歳の未来に『父と兄をおまえが守るんだ』と無茶なことを言って映画は終わってしまう。
ハッピーエンド?な感じで終わるけど佐藤浩市は今後も未来を守ってやるような様子もなく、このセリフも結構唐突な上に志田未来的にはかなり荷が重い。

なんだかスッキリしなかった。

ツッコミたいところ

ツッコミたいというか、ネット民の描き方についてはちょっと言わせてもらいたい。

バカにしてない?

多少は過剰に描いた方がそりゃインパクトあるよ。でも限度ってもんがある。
本物のネットオタクたちを取材したの?で、ほんとにみんなあんな風でしたか?
異常に見せるために想像だけで気持ちの悪い差別的な描き方をしたんじゃないの?

私もこれを観た当時は病気で引きこもってて常にパソコンの前に座ってました。私もネットオタクだったのです。
ネット上だけではありますが、同じ状況である方たちとも少しお付き合いがありました。
だけどこの映画に出てくるような頭のおかしな人はいなかったけどなぁ。

でも、ひとつだけ。
事件の加害者家族とはいえ、こうして一般人の写真、居場所を特定するようなことをネット上に晒すという行為は今となっては珍しいことではなくなってしまった。
そんな恐ろしい時代が来るということをこの作品を通して警告していたのかなと、今となってはそんな風にも思う。

話を戻して、まあネット民の件に限らずとにかく話の要所要所にリアリティがないんです。
「ぇえ…(引)」ってなっちゃう。

そして「こいつ何かあるぞ」と散々臭わせていた蔵之介は結局何もなかった。なんだよ!
佐藤浩市ともっと深く関わりがあるのかと思いきやそうゆうわけでもなく、ただのよくわからないマスコミの記者で終わってしまった。
同じく謎のフランス語で謎の女だった木村佳乃もその後は一切出て来ず。勿体ない。

殺人事件というひとつの出来事に対し、様々な立場の人間が交錯する。
だからこそ、登場人物みんなに対等にフォーカスしていかないと、話の本質って見えなくなると思うのです。

これは主役の志田未来可哀想ね、頑張ってね、っていう話じゃないじゃん。でもそうなっちゃってる。
それはマスコミという立場の蔵ノ介然り木村佳乃然り、そしてかつて被害者側であったギバちゃんと石田ゆり子然り…脇の扱いが中途半端なんですよ。
だからギバちゃんが突然キレ出すのも、わかるんだけどしっくりこないんです。

最後に、志田未来の彼氏は結局何者だったのかと。こいつが一番意味わからんかった。

まとめ

と、あれこれ言ったけど全部欲張れば尺が足らんとかそうゆう話になっちゃうよなぁ。

ひとつの話を作り上げるって難しい…全て完ペキな映画なんて無いんだもんね。
でもそうゆう部分も含めて映画を楽しむのも有り。

部下役の松田龍平は良い感じに男臭くなった。出始めの頃はキレイで両性的な印象だったのにね、良い変化をしたなあ。
志田未来の眼力も良い。この歳で目でこれだけ芝居ができると強いよね。
最近はどんな感じなのかあんまり知らないんだけど…

佐藤浩市は相変わらず色気があって最高でした。
いつ見ても佐藤浩市はいいな。