見どころは原節子のタックル『安城家の舞踏会』

1947年
監督:吉村公三郎
出演:原節子、滝沢修、森雅之、逢初夢子、津島恵子、清水将夫 他

ほとんど安城家の屋敷の中だけでストーリーが展開されており、安城家や周りの人々の心情がバランスよく描かれていて退屈しない秀逸な密室劇と言っていいと思う。

そしてどう見ても華族にしか見えないキャスティングも秀逸。

心優しいがプライドが高く現実を受け入れることができないお父様は滝沢修、同じく現実を受け入れられずヘラヘラしながらやり過ごしているお兄さまが森雅之、同じく現実を受け入れられない高飛車出戻りお姉さまが逢初夢子、一人現実を見据え、家族のために奮闘する末っ子が原節子。
品の塊のようなDNAである。

華族制度の廃止とともに没落し始めた名門安城家。
財産を手放しながらやっとの思いで生活しているが、それも限界がきていた。
原節様から事情を聞いた安城家の元運転手・神田隆は快く援助を申し出てくれるが、プライドが高いお父さまはこれを断ってしまう。

神田隆は今は運送会社を経営する実業家として成功しており、実は昔から逢初夢子に想いを寄せていた。彼が安城家のために自分が稼いだお金を使いたいというのは、嫌味ではなく純粋な気持ちなわけです。
だけどその気持ちは逢初夢子にも伝わらず、「元運転手風情が」「結婚に失敗した私をあざ笑ってるくせに」と冷たく突き放されてしまう。

一方モリマお兄さまは、戦前安城家の名を利用し儲け戦後は闇会社を経営している清水将夫の娘・津島恵子と安城家存続のために婚約しているがもちろんそこに愛情などは無く、実は女中の空あけみと恋仲であり彼女に対してもヘラヘラした態度を取って度々泣かせている。

優雅な暮らしが忘れられないお父さまは、お金もないのに舞踏会の開催を提案。
最初は反対していた原節様も、かわいそうな父のために賛成します。

神田隆の優しい気持ちを素直に受け入れられない逢初夢子、実は清水将夫への復讐に燃えているモリマ、モリマと結婚したい津島恵子、モリマと結婚したい空あけみ(モリマモテモテ!)、娘とモリマの婚約を解消し借金のかたに屋敷を手に入れたい清水将夫、かつて世話してやった人間に裏切られる滝沢修、そんな家族を不安の眼差しで見つめる原節様。
華やかな舞踏会の裏でさまざまな人間関係が交錯し始める。

この作品でデビューした津島恵子。
後の細身体型からは想像もつかないほどムチムチしており、モリマが無理やり酒を飲ませお姫様抱っこするシーンでは重くて持ち上げられず(!)なんとヒモでモリマの身体に津島恵子を縛りつけて撮影している。

そんなモリマが情けない(←そういうわけじゃない)空あけみはモリマをなじりまくった挙句「ひとでなしのアンタが好きなんだもん!」と号泣。ひとでなしと言われてしまったモリマは「俺は人間じゃないのか…」と、呆然としながらつぶやくのでした。

空あけみはモリマが弾いているピアノの上にバーン!と乗っかり邪魔をしたり津島恵子を犯そうとするモリマにレンガを投げつけたりモリマの胸ぐらを掴んで投げ飛ばしたりと、ボリューム満点の身体で思いきり体当たりしてくるので非常に気持ちが良い。
この方、ほかに出演作品が見当たらなくて勿体ないなと思っていたら後に山内明の奥様になってるんですね。当時の雑誌で拝見しましたが化粧っ気の無い方が可愛らしい。

もちろん津島恵子も黙っておらず、屋敷に戻ってきてモリマの顔を往復ビンタ!本当に殴られてるのでモリマは結構痛そうな顔をしていて(笑)それでも高笑いしながら唐突にピアノを弾き始めるあのエキセントリックさが素敵です。

ずっと好きだった人に拒絶されて自暴自棄になった神田隆の階段一人芝居も見応えがあり、その後ろ姿を転びながらも追いかける逢初夢子はベタだけど美しい。
高そうな靴も宝石も捨てて夢中で走るあの姿こそ、この映画のひとつのテーマのようにも思う。

そしてある意味最大の見どころはなんといっても、ものすごい助走をつけながら滝沢修めがけて猛タックルする原節様です。滝沢修は身体が小さいので吹っ飛びます。思わず二度見しました。

滝沢修と原節様と共に踊るように風に揺れるカーテンが美しかった。
素晴らしいラスト。

 

安城家は所謂「斜陽族」で、終戦後家族制度が廃止されるため特権階級としての扱いを失います。それでも世間から見ればやはり華族様は華族様なのです。元華族としての見栄を張り、優雅な暮らしが忘れられず、実際にはお金がなく生活が苦しいという現実を直視することができない。
人間って、突然生活のレベルを落とせと言われてもなかなか落とせないんですよね。

モリマお兄さまはそんな華族の見栄を軽蔑しながら、自らも華やかだった過去を捨て去ることができない。そんな自分にも嫌悪感を抱き、安城家の名に泥を塗るような言動を繰り返し抵抗を続けているという、パッと見はクズな息子でも内面はとても繊細であり、複雑な感情が渦巻いているわけです。
復讐に失敗し強がりメッキが剥がれ涙を流すあの瞬間は、惨めでもあり美しくも見える。

この役はモリマ本人もお気に入りとして挙げていて「自分のパーソナルな部分を初めて引き出してもらえた」とも語っています。

尚、当時の映画雑誌に後日談みたいなストーリーが載ってまして、逢初夢子は神田隆と、モリマは空あけみと再出発をしたとのことです。
ふたりともお幸せに!