「サマーストーリー」1988年 イギリス





1988年
監督:ピアーズ・ハガード
出演:ジェームズ・ウィルビー、イモジェン・スタッブス他

旅をしていた都会の青年と、農家の娘のひと夏の恋物語。
20年後、その村を訪れた青年が出会った真実とは・・・

原作はゴールズワージーの『林檎の木』

ただのクソ男で終わらせなかったジェームズ・ウィルビーの底力

友人と二人で旅をしているウィルビー、柵を飛び越えていきなり捻挫。
そこで助けてくれたのが近くの農家に住む少女メグ。ウィルビィは足が治るまでこの家にお世話になります。
で、お互い惹かれあっていく。

ウィルビーは足が治ったら出て行かねばなりません。
そうやって思いながら観てると、二人が仲良くしている姿もなんだか切ない。
ところが二人は駆け落ちを決意。ここからが不幸の始まり!

全く運のないウィルビーは銀行の用事を済ませるのに手間取り、なんやかんやしているうちに今度は昔の友人に遭遇し、メグとの恋に関していろいろ言われてムキになる。
ギリギリで銀行の用事を済ませてメグの元へ行く列車に・・・乗ろうと思ったらあと一歩のところで間に合わず。
次の電車で戻るとなると、向こうへ付くのは夜遅くになってしまう。ウィルビーは『どうせあの娘もそんな遅い時間まで待ってやしないさ』と思いこみ、戻るのをやめてしまう。
メグは当然待ってたんだけどねぇ・・・

運命に引き離されたわけじゃないんだ。
ウィルビーが自分の散々の運の無さに、『こうゆう運命なんだな』と勝手に決め付けてしまってるだけであって。

メグはウィルビーを待ってたし、来ないならこっちから行ったるわい!と追いかけてきてた。
その結果ウィルビーはメグの姿を見つけて後もつけたけど、結局声をかける事ができないまま、二人は終わってしまう。

それから18年後。
妻を連れてこの村にやって来たウィルビー。

そこで名前忘れたけど農家のおじさんと再会します。そして悲しい真実を知らされます。

これが別に想像がつかないラストってわけではないんだけど、やっぱり悲しいもので。
最後の最後はもう…涙なしでは観れんよこれは。

 

平々凡々なタイトルなもんだから、かなり軽い気持ちで観ました。
ごめんなさい謝ります。すごく良かった。

イギリスのダートムーアの描写は美しくて素晴らしいし。
なによりジェームズ・ウィルビィのはまりっぷりがとんでもない!他の俳優さんではもう考えられないくらい役と同化してる。

優柔不断で計算高くて身勝手。
本来ならただのクソ男なんだよ。だけどただのクソ男では終わらなかった。
全体的にメグに同情的な感じで描かれてはいるけども(確かにメグはほんとに可哀想)、ウィルビーの心の揺れ具合の描写も素晴らしいし、それを繊細に表現したウィルビーも素晴らしい!

何気ない友人の言葉とか、ちょっとした行き違いに影響される心の弱さは誰もが持っているもの。
それを観ていて理解できてしまう自分にちょっと悲しくなったり…メグはあまりにも真っ直ぐ過ぎた。

メグ役のイモジェンさんは綺麗な人よね。
控えめなんだけど情熱的な雰囲気が素敵でした。

DVDは現在廃盤になっており、中古品の価格も高騰しているため購入はおすすめしませんが、レンタルや安い中古を見かけた際は是非手に取ってみてください。